特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)

TEL:03-5925-0346受付日時:平日/10:00〜18:00
トップページ

私立高校留学高校留学・体験談BIEE通信高校留学Q&ABIEEについて

説明会
資料請求
メニュー

Aoiのニューサウスウェールズ州-オーストラリアへの高校生-留学-体験談7ヶ月目|高校留学ブログ日記

TOPページ > 高校留学・体験談(日記) > Aoiのニューサウスウェールズ州-オーストラリアへの高校生-留学-体験談7ヶ月目|高校留学ブログ日記

Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目

 

   みなさんこんにちは。あっという間にもう7ヶ月目です。学校は相変わらずすごく楽しく、ホリデーの間にも様々なイベントがありました。今回はいくつかの面で起きた出来事や思ったことをみなさんに伝えていきます。

ホストファミリー

   また、ホストファミリーが変わりました。元々は僕が住んでいる町(Dubbo)のホストファミリーではなく、かなり離れた海沿いの街の新しいホストファミリーの家にお引っ越しをする予定だったのですが、急遽、僕の友達がホストファミリーになってくれるということで、引き続きDubboに住んでいます。友達がホストファミリーになってくれたため、今の学校とお別れすることがなくてよかったです。
ホストファミリーは4人兄弟の6人家族で、僕と同い年の友達のホストブラザー1人と、2歳下のホストブラザー、2歳上のホストブラザー、3歳上のホストブラザーは大学のある町で1人暮らしをしています。お家がとても広く、家族みな優しくて居心地が正直とてもいいです。あと、大型犬と鶏が1匹ずついます。ホストマザーがアルゼンチン人なので、(家では英語を話しています)家族みんなサッカーが好きで、休みの日などは一緒に遊んだり、ホストブラザー達のサッカーの練習を見に行ったりします。最近はWomen’s World Cup がやっているので、よくテレビで見ています。また、同い年のホストブラザーは日本が好きで、学校で日本語を勉強しています。よく、日本のアニメや漫画を読んでいます。今度11月くらいに3ヶ月間友達と日本に留学をするらしいです。僕が日本に帰った後も、会えるかもしれないのでとても楽しみです。

学校

Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目   つい最近3学期が始まってすぐ、日本の長崎から語学研修ということで2週間、日本人がたくさん僕のいる学校に来ました。4月に日本語を勉強している僕の友達が長崎に行ったので、学校同士の交換留学ということだと思います。オーストラリアの僕の友達ともみんなで仲良く話せたのでよかったです。放課後も特別に体育館を開けてもらって一緒に遊んだり、ボウリングやショッピング、一緒に食べ歩きをしたり色々楽しんでもらえてよかったです。みんなで少し流行りの日本語を教えたり、僕がどういう意味かを教えたりすることができて、僕自身も少し成長を感じました。ランチを一緒に食べる日があったのですが、日本のお弁当タイプのランチでお味噌汁やトンカツ、お米も日本の米で枝豆などもあって、とても懐かしくて嬉しかったです。また、最後の日は、オーストラリアの日本語の先生の家に集まって、パーティーをしました。みんなで寿司を食べたり、スマブラをしたりしました。また、夏なので庭で花火をしました。この2週間はオーストラリアにいるのに日本のことばっかりして、少し変な気持ちだったのですが、最後まで楽しめてよかったです。

ホリデー

Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目   2学期と3学期の間はいつもより長めで3週間の休みでした。新しいホストファミリーに2週間の旅行に連れて行ってもらいました。まず、Bathurstという街に行きました。そこでは、ホストファミリーの祖父母の家に滞在させてもらい、アイススケートや博物館などに連れて行ってもらいました。博物館では珍しい化石や鉱石を見ることができました。そして 次に、Wollongongという街に連れて行ってもらいました。そこには、ホストブラザーの通う大学があり、借りる家の物件探しをしつつ、観光をしました。そこで食べたハンバーガーがミディアムサイズなのに僕の顔よりも大きくてびっくりしましたがお腹が空いていたので食べ切ることができました。 夜は、 Wollongong にあるキャンプ場のキャビンに泊まりました。キャビンと言っても結構大きくて、普通に家として暮らせるような場所で住み心地が良かったです。 また、ビーチに直結していて、夕方に海に行ってサッカーをしたり景色を見たりして楽しみました。サーファーや泳いでいる人もいましたがまだ寒そうでした。
Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目 Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目

Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目そして次に、Parramatta という西シドニーの都市に連れて行ってもらいました。そこは多文化の街で、商業地域にアートと映画の制作現場が混在しているというようなコンセプトの街でした。ホストマザーとホストファザーがそこで仕事があり、僕たちは 1 日中暇だったので観光をして、そこにあったモールに行きました。そのモールはすごく大きくてワクワクしましたが、結局ご飯を食べただけで、後はコンビニでポテトチップスとドリンクを買っただけでした。それでも、劇場や西シドニー大学を見ることができてとても楽しかったです。

Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目

次に、Wollongong にある Blue Mountains に連れて行ってもらい登りました。寒かったので、結構な厚着をして行ったのですが、思ったよりも高い山(1189m)で登るのが大変で登っているうちに暑くなってしまったので結局薄着になりました。頂上で食べたサンドイッチがとても美味しかったです。

Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目そして、最後にThredboというスキー場に連れて行ってもらいました。僕は、スキーやスノーボードをするのが大好きでまさかオーストラリアでスキーができるとは思わなかったので嬉しかったです。僕は普段スノーボードを主にやるのですが、今回はみんなスキーをしたので僕もスキーをやりました。ゲレンデも結構広くて2日間全力で楽しむことができました。旅行合わせて本当に良いホリデーでした。

終わりに

   僕は正直、こんなに毎回ホストファミリーが変わる生活だと予想もしていなかったので、今までいた状況がすぐにガラッと変わってまた新しい生活スタイルになるということに慣れることができずに、毎回毎回ドキドキしていました。しかし、もう3回のホストチェンジ、4つ目のホストファミリーを経て気づいたことがあります。それは、どんな状況でも「自分が適応しよう」という考えがあれば新しい状況やコミュニティにも案外すぐになじめるということです。日本の友達と触れ合い再認識したことですが、こっちではある意味、日本の常識が通用しないことが度々あります。しかし、どんな時でも自分を変えられる覚悟と、楽しもうという気持ちがあればそれすらも文化の違いとして受け入れることは簡単です。また人の温かさにも改めて気づくことができ、もし築いた関係が、環境の変化により別れなければならない時が来てもそれは無駄ではなかったと思うだろうし、無くならないと思います。だから、このような気づきや成長も含めて、交換留学をして良かったなと今感じています。ありがとうございました。
Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目 Aoiのニューサウスウェールズ州(オーストラリア)への高校生-留学-体験談 7ヶ月目

 

← Aoiのオーストラリア高校・留学・体験談・一覧へ戻る

「高校留学 資料請求」詳しくはこちら   「高校留学 説明会」詳しくはこちら
ページトップ
Copyrightc 2018. NPO BIEE All Rights Reserved.