Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)

TEL:03-5925-0346受付日時:平日/10:00〜18:00
トップページ

その他プログラムホストファミリー募集高校留学Q&ABIEE通信BIEEについて

Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目

 

   はじめまして!ミシガン州に留学しているゆうきです。隔月でこれから年5回、留学に興味を持っている方の役に立てるように一生懸命書かせていただきます。

出発 〜Apple juice〜
   当日の朝から荷物を詰め始めました。そのせいでお見送りに来てくれた人達にも家の前で「行って来まーす」としか言えませんでした。準備は早めに始めることをお勧めします。
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
空港で友達と写真を撮ったりしたあと最後のオリエンテーションをしてから飛行機に乗ります。飛行機の中ではCAさんからジュースを聞かれ、ただ「アップル」と言うだけなのにちょっと緊張したり、 空港に着いて税関の人の質問が聞き取れずとりあえず書類全部出したりと英語を使うことにドキドキでした。クリーブランドからはアメリカの映画に出て来そうなTheスクールバスというような感じのバスで研修の高校まで向かいました。

クリーブランド事前研修 〜滝行とアメリカンケーキ〜
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
   初めは「他の国の子と2週間も同じ部屋なんて気まずいな」と思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。とりあえずくだらないことでもニコニコ話しかけていたら、気付いた時には仲良くなっていました。
僕のルームメイトは中国から来たロバートという男の子です。背が高くてイケボです。それに英語もペラペラ。中国ではインスタグラムなどのアプリが規制されていて入れなかったり、日本のアニメも血が消されて放送されているなどと、いろいろ教えてくれました。「早速異文化やん」と思って一人でワクワクしていました。タイの子がくれたトムヤムクンヌードルは激辛かったです。
次の日は午前中が丸々自由時間だったのでタイ人と日本人チームに分かれてサッカーをしました。なぜか僕はタイ人チームでした(笑)。チームメイトがみんなタイ語でプレイするので「やばいな」と感じていましたが、意外とタイ語でも分かります。「スポーツに言葉は関係ない!」ということを実感しました。
研修にはタイや中国、ベトナム、韓国などアジア圏からたくさんの留学生が来ていました。それぞれ国ごとにちょっとずつ個性があって面白かったです。特にタイの子達はインスタグラムへの熱がすごくてびっくりしました(笑)。
基本的な研修のスケジュールは午前中にみんなでゲームやヨガをしながら、アメリカの生活へのスムーズな適応の仕方を学び、午後はスポーツをしたり、どこかに出かけたりするといった感じでした。ものすごく大きな湖で泳いだり、博物館、近くの市場やアメリカンな広すぎるスーパーに行ったりとイベントは盛りだくさんです!
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
1日使ってナイアガラの滝にも行きました!もう濡れているからと、入り口で貰ったカッパを脱いで滝行していたら、帰りにすれ違ったアジア人らしき家族連れが「え、待って聞いてないナイアガラの滝ってそんな濡れるの?」というような顔をしていたので少し「悪いなぁ」と感じました(笑)。
自分の国を紹介するカントリースキットでは海で泳ぐところから人間寿司を作ったり、お相撲や二人羽織、他の国を巻き込んでのダンスをしました。恋するフォーチュンクッキーは今でもアジアで人気があり、タイ人の子達がノリノリで踊ってくれました。
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
最後の夜にはお別れパーティがあり、みんなで日本ではあり得ないレベルで甘過ぎるケーキを食べました。「これも文化の違いやな」と思っておいしく頂きました。
2週間の研修で自分では楽しく過ごしているだけのつもりでしたが気がつくと下手な英語でも話すことに抵抗がなくなっていました。
ちなみにカフェテリアのドリンクバーでオレンジジュースとクランベリージュースをブレンドすると美味しいので試しみてください

ホストファミリー宅へ 〜ハローホストファミリー〜
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
   どんな感じのホストファミリーなのかドキドキしながら、ホストファミリーが待ってくれている空港の出口に向かいました。お父さんとお母さん、同じ家に住んでいる男の人2人が出迎えてくれました。
お母さんはふくよかで料理が上手く、刑務所でカウンセラーをしていたこともあってなんでも相談できます。実はタイピングがもの凄く速いです。さらにハロウィンが好きすぎるが故に週1ペースでハロウィングッズを買ってくるため、家の一角がプチお化け屋敷化しています(笑)。
お父さんはロン毛でお母さんのことをとっても大事にしています。落ち着いて僕がわからないことがあると分かるまで一生懸命丁寧に教えてくれます。スプラトゥーンというゲームをしている時はテンションが上がるみたいで、よく叫んでいます(笑)。
同じ家に住んでいるボーウェンは僕の中での癒しキャラです。気配り上手で部活のお迎えなどはよくボーウェンが来てくれます。ゲームやアニメが好きでお父さんとよく盛り上がっています。この前も2人でアニメとゲームのお祭りに行ってコスプレしていました。
もう1人の下宿人のウィルは本名がウィリアムですが長いのでウィルと呼んでいます。数学が得意で宿題を手伝ってくれます。家の中で一番テンションが高く、たまに機嫌がいいと階段を跳ねながら降りて来ます(笑)。
家は2階建てのアパートでリビングの窓際ソファーがお気に入りの場所です。

ミシガンでの夏休み 〜部屋と心のドアは全開で〜
   ミシガン州の公立高校は9月4日から始まるため、ホストファミリー宅へ着いてから1ヵ月くらいの夏休みがありました。最初の1週間はやることがなさ過ぎて、ひたすらネットフリックスでお母さんと映画を見る日々でした。
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
8月の中旬からテニス部が始まるのでそれに参加させてもらいました。アメリカでは季節ごとにスポーツが変わります。アメリカの高校生は部活内では一つのスポーツにつき3ヵ月しか出来ないため、もし日本で1年以上なにかの部活に入っていたならば活躍のチャンスです!一緒にスポーツをする中で、英語力が足りなくても友達が作れるのでおススメです!友達作りのコツは最高の笑顔であたかも前から友達だったかの様に話しかけていく事です。また、そこそこそのスポーツが出来れば「お前やるやん、あ、留学生なん?」って感じで仲良くなれるので日本で運動部に入っていた人はオススメです。
僕は最初の1週間、なんとなくまだホストファミリーに慣れなくて午後はよく「お昼寝する」と言って自分の部屋に入ってしまっていました。ただ、ファミリーに心配をかけないように部屋のドアは常に全開にしていました。出来るだけ一緒に過ごすように努力しているとだんだん家族のいいところが見つかっていき、この家での生活にも慣れて来ました。

新学期スタート!

Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
   僕の高校は3つの高校が一つの敷地に入っているため、全体でなんと6000人もの生徒がいます!敷地がとても広くテニスコートは24面もある上に学校の中に池や林があり、よくエコロジーの授業で木を見に行っています。ただ広過ぎて校舎と校舎の間の移動距離が長すぎるのがたまにキズです。
僕は朝が苦手です。けれどもスクールバスは無情にも毎朝6時25分きっかりにやって来ます。毎朝5時に起きているうちに気付いたら休日でも7時半には目が覚めるようになっていました!
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
平日の基本的な過ごし方は、朝最初の授業が始まるまでの20分友達と話しながら1ドル50セントのベーグルを食べて、4時間目までこなしたら待ちに待ったお昼ご飯!家から持ってきたお弁当を食べたり、食堂で買ったりして友達と下らないことを話しています。6時間目が終わったら2時間テニスをしてから家族に迎えに来てもらい、夜ご飯を食べたら早めに寝ます。アメリカでは16歳から運転できるので、友達にお願いすれば車に乗せてくれたりもします。アメリカに来てからもシャワーは夜に浴びています。

アメリカの高校行事
   それぞれの高校でイベントが分かれているので、同じ行事を2度ならず3度も体験できてお得感満載です!毎週金曜日には3つの内どれかの高校でホームカミング(アメフトの試合)があるのでみんなで観に行って応援しています。正直ルールはわからないけど、みんなで跳ねたりしながら応援するのはワクワクします!
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
アメフトとは別でホームカミングパーティというのもあります。スーツやドレスを着てギュウギュウ詰めになって爆音の中3時間踊り続ける、という読んでいると拷問のようなイベントですが、実際行ってみるとめっちゃくちゃテンションが上がって楽しいです!ただ帰ってから鏡の前で自分が自信満々で3時間踊っていた踊りのダサさを見たときは言葉を失いました(笑)。
部活ごとにちょくちょくパーティがあったりします。テニス部では夏休みに湖畔に行ってピザパーティをしました。飛び込み台があって水しぶきが上がる瞬間は最高に気持ちよかったです!!

ワシントンD.C.研修

Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
   まず言いたいことは、行きの飛行機でお菓子やジュースを欲しいと言うとCAさんが好きなだけくれます!是非試しみて下さい(笑)。クリーブランド以来1ヵ月半ぶりくらいに日本の友達と会い、久しぶりの日本語が新鮮でした。今回も同じ内容でカントリースキットをやりました。日本語が一番盛り上がっていました?
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目
Yukiのアメリカ高校留学・体験談 2ヶ月目

観光ではグループごとに分かれてホワイトハウスやあの有名なリンカーンの像、大きな白い柱を観に行きました。みんなでアインシュタインに登ってみたりもしました(笑)。どれも壮観で「本当に人が作ったの、これ?」というようなサイズ感でした。この 3日間はただただ楽しくてあっという間でした。
ただ帰りの飛行機で行きと同じ感覚でお菓子をもらいに行ったらCAさんに「wait」と言われてしまいました(笑)。

終わり
   もっとたくさん書きたいことがありましたが続きは次回にしようと思います。最後まで読んでくれてありがとうございました!
最初の1週間はちょっと萎えたりしていましたが、最近はこっちの生活に慣れて友達もたくさん出来て毎日楽しめています!とにかく最高の笑顔で明るく「HI!」と言っとけば意外となんとかなります。
2ヵ月前はあんなに甘かったケーキも今ではおいしく感じるようになりました。ホストマザーと市販の生クリームを上からさらにかけてエンジョイしています(笑)。


← Yukiのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

お気軽にお問合せください。 資料請求・お問合せ 説明会のご案内 TEL:03-5925-0346
ページトップ
BIEE通信
特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)東京都新宿区高田馬場 4-10-12 牛込旧館ビル1階【MAP平日 / 10:00 〜 18:0003-5925-034603-3366-0346

お気軽にお問合せください。

Copyright© 2018. NPO BIEE All Rights Reserved.