Yukiのオーストラリア高校留学・体験談 8ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Yukiのオーストラリア高校留学・体験談 8ヶ月目

 

Yukiのオーストラリア高校留学・体験談 8ヶ月目

   9月末、あの日(出発)から8ヶ月も経ったなんて長いようで短くて信じられません。先日文際さんからお手紙が届いたのですが、読みながら今までの自分と照らし合わせると、当てはまっているな、と思いました。特に「気付かないうちに自分の目標が高くなっている」というところでした。ここに来て学校では授業についていくことが目標でしたが、今の目標は現地の人よりも良いスコアをとることです。それでも言語のアドバンテージがあるため、Draftは早めに終わらせるようにして先生のヘルプをもらいます。それが達成できるようにまだまだ努力が必要です。学期ごとにあるテスト、授業で作る作品、全てが現地の人たちと同じ様に、それよりも上にできたらいいなと思います。

9月は僕の誕生日があり、前日の金曜日に友達数人を集め、パーティーとはいきませんがお泊り会をしました。パーティーをしなかった理由は、ホストペアレンツが、パーティーにまつわるお酒やドラッグなどのトラブルが起こるのを避けたいからです。友達にもちゃんとお酒などの違法なものは無し、と伝えておきました。学校が終わり夕方に、免許を持っているホストブラザーに連れてきてもらったり、親に送ってもらったりして集まってBBQをし、夜はナイトボーリングへ行きました。昼間とは違って音楽が大音量でかかっていて、好きなだけゲームができました。真ん中のゴールデンピンと呼ばれるピン以外を全て倒すとお金がもらえるというので、友達がもう少しで達成というところまでいきました。2,3時間遊んで家に帰り、お喋りなどして夜を過ごし、何人かはバイトで帰ったので残りの人たちでビーチに行きました。ビーチって楽しいけど、危ないです。オーストラリアでは何かわからない動物や植物には触ってはいけないと言われています。毒のある生き物が多いからです。ホストファザーは昔WAに住んでいて、多くの日本人に会っていますが、日本人は日本と同じように生き物を扱うので何人もの日本人が毒のある生き物に触って亡くなるのを見たり、話を聞いたりしたそうです。特に蛇の話が多いです。誕生日にビーチで泳いでいると、小さい子供たちがBlue bottle! Blue bottle!と言っていたので、青いボトルを取ってほしいのかなと思って行こうとしたら、友達に「Yuki! No! That’s jellyfish!」と言われて本当に焦りました。毒があるらしく、もう少しで大惨事でした。海の中だと本当にボトルに見えます。いろいろなことがありましたが、とてもいい誕生日でした。

来週からビーチへキャンプをしに行って、来月はドリームワールドに行ってグレートバリアリーフに行きます。一度行ってみたかった場所なのでとても楽しみで待ちきれません!

 

← Yukiのオーストラリア高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.