Taigaのアメリカ高校留学・体験談 10ヶ月目 |高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Taigaのアメリカ高校留学・体験談 10ヶ月目

 

皆さんこんにちは、Taigaです!
遂に10か月に及ぶアメリカでの留学生活が終わりました。

現地の生活を通じてアメリカ人もたくさんできた上に、FLAGのプログラムを通じてたくさんの留学生の仲間ができました。祖国を離れて留学をしているという共通点から彼らとは深い絆ができました。寮の仲間の全員が家族です。たくさんの人々と出会い、たくさんの別れも経験しました。楽しい事や嬉しい事、そして同時に悲しい事も経験しました。そして一年間寝食を共にした寮の仲間達との別れは本当に辛いです。

この留学中に出会った全ての出会いに感謝します。特にBIEE, FLAG, ホストファミリーには感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます。

初めの頃に思っていた留学生活と実際の留学生活は色々な面で同じではありませんでした(初めの何か月か本当に苦労した点は予想通りでした)。個人的には結果的に良い留学生活になったと思っています。

留学生活は人それぞれで、一つの正解を見出すことは出来ないと思います。一人一人に正解があって、誰も自分の代わりに同じことは出来ません。また英語を使って生活することに関しては皆が思う通り大変です。僕の場合英語が第一言語ではないからこそ、正直な話アメリカ人が考えていることを完全に理解することはまだできていでしょう。ですが英語を通じてアメリカ人を理解することはこの留学の一つの意義だと思います。アメリカ人は自分に正直な人たちが多いです。一人一人自分のやりたいことをやっていて誰もその選択を批判したりしません。また、勉強とスポーツを両立する人への評価がとても高いです。私は昔からやっていたテニス、そして勉強の二つに関して学校から表彰されました。アメリカの他人を褒める文化はとても大切だと思います。些細なことでも、褒められて嫌な思いをすることはありませんし、むしろ嬉しいですよね。日本人はやって当たり前のことをしてもあまり褒められる傾向にはありません。文化の違いだと思いますが、この点に関して僕はアメリカの文化を好みます。

日本語と英語のニュアンスの違いに関して思うことがあります。日本人は電話を切る際や部屋に入る際に「失礼します」とよく言いますね。「すいません」と頻繁に言うことも日本人の特徴だと思います。日本にいる間はこれで違和感を感じることはないです。アメリカで “Sorry”を使う時は自分に落ち度があった時だけで、そこまで多くないです。日本文化の中でご近所さんに差し入れやお土産をもらった時、私たちはよく「すみません、ありがとうございます」と言います。この「すみません」の意味はわざわざ自分のことを気にかけてくれて申し訳ないという日本人なりの感謝の気持ちが込められています。これらの点から、日本語は一つ一つの言葉に深い意味があると言えます。一方アメリカで同じケースが起こった場合、簡単に言うと ”Thank you! Love you so much” というような反応になります(簡単にしすぎたかもしれません?)。アメリカ人は正直な人たちですから、包み隠さず素直に感謝の気持ちを述べるのがアメリカ流と言えるでしょうか。この場合はどちらも好きですが、どちらかというと正直に感謝の気持ちを示すアメリカの方が好きです。
私の今後の進路ですが、この留学体験記にTOEFLやSATを受けたときのことを少し書いてた通り、昨年の12月末頃からアメリカの大学への進学のために準備をしていました。幸い、第一志望の大学から合格を頂いたので、今年の秋からはアメリカのインディアナ州にある私立大学に進学します。留学当初、自分がアメリカの大学は無縁の世界だと思っていました。ですが、実際にキャンパスを訪れたり在学している人たちとの会話を通じて興味が湧いてきました。まさか自分が合格をもらえるとは思っていませんでしたが、たくさんの縁やラッキーが重なった結果だと思っています。出会いや縁に感謝します。

自分の留学先からは車で片道2時間半ほどで行けるので、機会があれば大学在学中にホストファミリーや留学先の友達を訪れようと思っています。

日本での滞在期間は二ヶ月弱ですので、日本にいる間に行ける場所を訪れたり、家族、親戚、そして友達との時間を大切にしようと思います。またBIEEの仕事にも貢献できたら嬉しいです。


← Taigaのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.