Sorakiのアメリカ高校留学・体験談 1ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Sorakiのアメリカ高校留学・体験談 1ヶ月目

 

   今回はアメリカに来て1ヶ月ちょっとで感じたことを書いていきたいと思います。

日本を発ってから1ヶ月以上が経過しました。自分でも信じられないほど時が早く経過しているのを感じています。

Sorakiのアメリカ高校留学・体験談 1ヶ月目アメリカに来て最初の2週間はオハイオ州のGrand River Academy という高校でアジア人の子達の研修がありました。他の国の子達と友達になれたし、アメリカにいながら他の国の文化も学べるという貴重な経験をしました。それ以上に本当に楽しかったです。でも他の国の子達の英語力がとても高く若干不安にもなりました。研修中にはみんなでナイアガラの滝に行ったり、また観光もしました。ナイアガラの滝にはとても感動しました。またスポーツの時間や遊びを通してアメリカの文化を学んだりして、とても楽しかったです。

Sorakiのアメリカ高校留学・体験談 1ヶ月目研修が終わって僕はミシガン州に来ました。緊張している中、空港でホストファミリーが歓迎してくれてとても嬉しかったです。男三人兄弟と聞いていたのに女の人がいたのにはびっくりしましたが…その人はブラザーの彼女だったのですがとてもよくしてくれて本当にホストシスターみたいな存在です。空港から家に行く時、車の助手席に乗っていいよと言われたのですが、日本車と逆だったので見事に間違えました。今でも気を抜くと運転席に乗ろうとしてしまいます。

Sorakiのアメリカ高校留学・体験談 1ヶ月目自分が住んでいる場所は自然がたくさんある田舎です。ですが、自分はとても自然が好きなので気に入ってます。自然が多いためスカンクがたくさんいます。アメリカに来るまでスカンクの匂いを嗅いだ事がありませんでした。自分の想像ではオナラの匂いを想像していたのですが、想像とは違った匂いでそこまで嫌いな匂いでもなかったので驚きました。


Sorakiのアメリカ高校留学・体験談 1ヶ月目あと僕は日本でスケートボードをしていたのですが、とても場所もよくブラザーもロングボードをしていて、一つ自分に作ってくれました。よく一緒に滑りに行こうと誘ってくれ一緒に遊びに行きます。
 
ミシガン州の夏は日本ほど湿気がないため過ごしやすくて夜も9時半頃にならないと日が沈みません。日が暮れたら近所の子達とフラッシュタグという遊びをします。鬼ごっこのようなものなのですがこれがめちゃくちゃ楽しいです。年齢もバラバラなのですが、みんな仲が良くアメリカと日本でこんなに違うんだなあと感じる事が良くあります。

うちのホストマザーはコーディネーターなのですがウェルカムファミリーとして2週間ほどドイツ人の子とブラジル人の子がうちで暮らしていました。ここでもいろんな文化に触れられていい経験になりました。ミシガン州は学校が始まるのが遅くまだ始まっていないのですが、クラブに入りました。クロスカントリーというスポーツなのですが僕は長距離とか走るのが嫌いなのですが、クラブのみんながフレンドリーでとても楽しそうだったので入りました。みんな優しくてすぐに友達が出来ました。
 
毎日たくさん走ってしんどいですがそれ以上に友達と話したりするのが楽しいです!ここまでがざっとですが僕の最初のアメリカ生活です。文化の違いを感じたり、毎日がとてもおもしろいです!またもう少ししたら学校が始まるのでワクワクしています。最初の1ヶ月、興味深い経験が沢山出来て充実した毎日をおくれました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


← Sorakiのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.