Sayakaのアメリカ高校留学・体験談6ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Sayakaのアメリカ高校留学・体験談6ヶ月目

 

   こんにちは!お元気ですか。さやかはとても元気です。

なんだか最近、今週ぐらいから、学校が楽しくなってきました。いや楽しくはなってないか…つまんなくなくなりました。英語も大変じゃなくなってきました。

んー今月は何をしたかなあ…んー今月は、やっぱり、楽しかったですね!!まず、劇の予選がおわって、地区大会で優勝して、STATE(ミシガン州のトップ13!)に行くことになりまして、学校から2時間半のドライブののちに、すてきなリゾートホテルに2泊3日しました。(朝ごはんつきで、プールつきで、2泊で5千円(50ドル)ですよ!!)私は一緒の部屋にしようよー?って友達がいなくて、1番人数が少ないとこにまぜてもらったのですが、同じ部屋になった2人がとっても良い子で、とっても楽しかったです? (先月のレポートにある通り、私は裏方で、同じ部屋の2人はメイクさんです。)メイク&コスチュームの女の子は(5人ぐらい)おしゃれで、クールで、いつもかたまってて、近よりがたかったけど、話すとみんな本当に良い人ばっかりで…留学生はいつもこうやってあまりもののグループにいなくちゃいけなくて悲しくみじめでうだうだ…て思ってたけど、(笑)あの2人と同じへやになって良かったなあ!と思いました。初日は劇の子みんなプールに行ったのですが(つっても夜中に1時間ぐらい)私は水着もってこなかったから、行けなかったんですよ。(ホテルには夜中しか帰ってこないのに、プールなんか行くかよ、と思ったら、もうほとんど全員プール行ったからおどろきました。)でも次の日、メイクさんグループの女の子が水着かしてくれて、部屋の女の子2人とその子でサウナに行きました? 

なんかシアターの人(劇の人)は優しくてフレンドリーなんだけど、もうなんかグループになってるし、なんとなく留学生ときょりをおくようにしてるのがわかるんですよ。ここで話はするけど、みんながいる前では無視するとか、逆に、みんなが私に話してるときは会話に参加してフレンドリーに話すのに、ろーかで会っても無視とか。そんで私はこの何ヶ月か劇の練習してる間に、もうそ−ゆーのどうでもいいやって思うことにしたんです。そーゆーことぐだぐだ考えてたらずっとおわんないやって思って。だからその2人と部屋一緒になって、部屋一緒だよ〜うふふ? 話したけど、仲良くはなれないだろうなって思ったんです。けど、メイクさん達はなんか思ってたのと全然違って、私をメイクさんグループに入れようとしてるわけでもなければ、私をさけてるわけでもなく…すっごく自然で、留学生だから、みたいな態度じゃなくて、なんかいごこちが良かったです。はー!!そんなことより、友達ができなさすぎて、こまってます。なんだかなあ…まあ、良いか…。なんか、仲良い子もいるけど、なんかなあ!

やっぱ日本の友達のほうが大切だし、アメリカでの友達は、今までの友達と全然違う感じがします。なんか、軽い!秘密とか守れなさそうだけど、むしろかくしていることとかなさそう。初対面の人でも、何でも話せちゃう感じです。私は、相手が何考えてんのかとか、すごい気にしちゃっていろいろ推測したりするんですけど、急に冷たくなったり、やけにフレンドリーだったりとかゆーのに何の意味もなかったりするんですよね。まーがんばろー!

2月は、27日に「Swirl dance」がありました。女の子が男の子におさそいをするdance partyです。私は留学前、ホームカミングの話しかきかなかったけど、このパーティー(名前は学校によって違うけど、女の子からってとこが共通)もちゃんとした行事で、ホームカミングパーティーと何も変んなかったです。今回は、スペインからの留学生アナと、ノルウェーからの留学生アナッツと、ノルウェーからの留学生で、アナッツの友達だけど違う学校に行ってるリンダと、留学生ではない、ふつーの友達ミシェルと、ミシェルの友達4人(違う学校)と行きました。リンダとミシェルの友達4人は初対面だったから、はじめはすごい緊張したんですけど、私以外の子は全然緊張してなくて、ふつうに話してて、なんかーすごいなーと思いました。なんか、みんなが話してるのをきいてても、初対面には見えなくて、フレンドリーですごいです。なんかわかりづらいから、絵を書いときますね。
(絵省略)

 

 

そしてダンスパーティーのあと、ミシェルの家におとまりしました。2時ぐらいまでみんなでおしゃべりしてたんですけど、ノルウェーから来たリンダがなんかすごい子で、ホストファミリーがお金持ちでよかったとか、アメリカで何人もの男の子とデートしてるとか(別れた)、彼氏からもらった5万のネックレスがどーだとか、ノルウェーにいたときは毎週クラブで朝までお酒のんでうだうだ…って話をしてて、なんか、正直、バカだなあ!と思ったけど、私が日本にいたとき、こんな自分アピール(しかも初対面なのに)すごい人いなかったなあ…と思って、ちょっと感心しました。留学すると、いろんな人に会えて楽しいですね!

話は変りますが、この、やけに裏うつりが激しいボールペン、新しく買ったんです。日本って、ペン売り場にいろんな色のいろんなタイプのペンが、ためし書き用の紙とともにずらーってならんでるじゃないですか。でもアメリカのは、変なふくろに入って売ってて、ためし書きができないし、色ペンがぜんぜんないんですよ。このペンはやっとみつけた黒、赤、みどり、青の4本セットのボールペンなのですが、日本製という…ね。なんなんだ日本…

再び話は変わりますが、アメリカの服屋は本当にすばらしいです。すぐに新しいアイテムが入ってくるし、すっごく大きくて、いろんな種類の服がたくさんあって、かわいくて、着回しきいて安くて…? 私日本から服持ってきたのに、もうほとんど着てないです。スウェットが1番役に立ってます。(学校にも着て行けますよ。ギャルとかじゃなく、ふつーに。)Homecoming のドレスは、Forever 21 で買ったし、Swirl のドレスも、同じモールの中のふつうの(ドレス専門とかじゃない)店で買いました。ダンスパーティーは本当に、ただ学校に行ってダンスするだけなので、ドレス着たりするのは、もはやダンス前の友達との集まりのためです。そこで写真とったり、いい感じのレストランにすてきなドレスで行ったり…。だからSwirlでは、友達同士でドレスをレンタルしてる子が多かったです。でもアナの話では、ドライクリーニングが25ドルだから、(私のドレスは30ドル)あんまし変わんないってゆってました。あ、でも、アメリカで買った服はすぐボロボロになります。セーターはちくちくするし、買って1回着たらこわれちゃうものもあれば、売ってる時すでにこわれてたりします。安いから、とかじゃなくて、日本と同じような値段の店のでも、ボロボロになります。

劇が終わったばっかりのころ(写真1枚目)の私はすごく楽しそうなのですが、最近はまたテンションが下がりぎみです。何もないまますぎていく毎日がなんだかもったいなくて、だからといって何もできなくて、忙しくても何も考えるヒマがなかった日々が恋しいです。。。学校生活も、家の中でも、居心地が良くなって楽しくなってきたのですが、やっぱ、なんかちょっとさみしいですね。あと99日で日本に帰らなくちゃいけないさみしさ、それと反対に日本の友達が恋しいさみしさと、それから、アメリカでの友達との差?てかすれ違いを感じて、ちょっとさみしいです。

まーそんなかんじで!!
あと99日ですよー? 帰国が楽しみですね?
ではお元気で!!

 

← Sayakaのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.