Satoshiのオーストラリア高校留学・体験談5ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Satoshiのオーストラリア高校留学・体験談5ヶ月目

 

   とうとう留学の半分が終わり、それもとても早い。六月になってからまた友達が少し増え、学校の友達が前より随分大切になった。なんでか分からないけど、僕は日本でもシドニーでもタスマニアでも特にドイツの友達といい関係になる。最近よくジムでバスケやサッカーやバドミントンをするが、昼休みに僕とあと男子1人以外皆ドイツ人またはドイツ系の人たち。いつも同じメンバーで、特にその友達と仲が良い。最近は三つのグループを行き来している。いつもおなじ人たちといるんじゃなくて、なるべく多くの友達と話したいから。嬉しかったのは、いろんな人からどこかに行こうまたは来てって誘われたこと。パーティーや映画や泊りなど。でもパーティーはキャンセルされたり、バドミントンしている間や夜遅くに映画に誘われたり、泊まりは遠いところでホストファミリーの誰かが付き添わないといけなくて、散々だった。
  六月の中旬まではスクールホリデイでホストファミリーとColes Bayに行った。とってもきれいなところで、ビーチは世界トップ10の美しさ。岩山を登ったりと良い運動になったかも。あとバトミントンのトーナメントがロンセストンであって、三つ準決勝までいったけれど、決勝はなかった。僕のBグレードのmixed partnerはこれから2ヶ月ヨーロッパに旅行しに行っちゃうから、次とその次のトーナメントはその人とミックスダブルスができない。でもその大会もとても楽しかった。あとはアイススケートにアジアの友達と行ったり仲の良い2人と映画観に行ったりして休日を満喫したかな。7月は試験があるけれど、僕は日本語の試験だけ。そういえばチンジャオロースは中華料理に実は存在しないってしってましたか?中国人誰に聞いてもそれを知らなくて、日本にしかない日本料理!奇妙なことに日本ではめったにすしを食べないけれど、こっちではよく食べるし、ホストママのすしは上手い。ところで最近日本のテレビ番組が恋しい。こっちの番組は映画が多いのはいいけれど、日本みたいな面白いバラエティー番組がほとんど無い。お母さんが送ってくれた日本の「ぷっちょ」とカイロはとても評判良い。オーストラリア人は日本のお菓子が大好きです。昨日ホストファミリーとホバート郊外のnational park内にある滝を見に行ったが、どこに行くにもタスマニアは美しい自然しか持ってない、僕のお母さんが来たら絶対喜ぶような自然ばかり。
  とのことで6月はこれでおしまい。7月はまた新たな発見と何かいいことがあると良いけど。ではまた、BYE

 

← Satoshiのオーストラリア高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.