Saraのアメリカ高校留学・体験談6ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Saraのアメリカ高校留学・体験談6ヶ月目

 

   段々と1ヶ月がとても短く感じるようになってきました。私が滞在しているインディアナポリスでは過去最多の雪が降り、毎日マイナス20Cº以下の天気が続き、とても寒いです。また来週には大雪が来る、と天気予報から流れています。私が雨女だからなのかもしれませんね。
C:\Users\Izumi pico\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.Word\Photo on 1-14-14 at 9.55 AM.JPG 新年の始めからマイナス40Cºの極寒だったので学校も最初の週は3日間休校となり、残り2日は2時間遅れでスタートしました。SemesterUはだいぶスケジュールを変更しました。SemesterTはUS History、English、Chorus、Integrated Chemistry & Physics (ICP), Developmental Reading (Study Hallのようなもの)、Communication Systems (Computerのクラス)、Christian Ethics、Pre-Calculus (数T&U)をとりましたが、今はどんなクラスがあるのか自分で把握できるようになったので先生に頼み込んでクラスのレベルを少し上げてもらいました。ICPをChemistryに変え、Computer ClassのかわりにPianoをとり、Regular Pre-CalculusをHonors Pre-Calculus、Study HallをなくしてSpeech、そしてEthicsは自動的にWorld Religionに変わりました。本当はAP Calculusといって、大学の範囲を勉強するクラスをとりたかったのですが、途中からはだめだといわれてしまったので、Honorsといって、範囲は普通のクラスとあまり変わりませんが、早く進んだり、さらにもっと問題を解くクラスに変えてもらいました。アメリカの高校の成績はA・B・C・D・E・Fでつくのですが、大学に応募する時にAPやHonorsのクラスをとっていると成績があがるそうです。Speechは、本当はSenior(12年生/高3)が卒業するためにとるクラスなので、Junior (11年生/高2)の私はとらなくてもいいのですが、英語を上達させるのにも、人前で話すのがあまり得意ではない私にもピッタリのクラスだと思ってとりました。クラスメートも先生も本当に優しくて、つたない私のスピーチも一生懸命聞いてくれるし、「日本はどうなの?」とたくさん質問してくれて本当に楽しいです。どのクラスも楽しいですが、今私が一番好きなクラスかな。
ピアノのクラスはChorusとUS Historyと同じ先生なのですが、いつもいろんな(あんまりクラスと関係ない、妊娠中絶とか留学生の話とか)話をします。アメリカでは10代で妊娠したとか中絶の話を公の場でもかなりおおっぴらに話します。さすがに同性愛や中絶の賛否は宗教がからんでくるので初対面やパーティー、公のスピーチではNGだそうですが…アメリカはいろいろな人がいるので、いろんな意見があって当然だし、みんな自分の立場をはっきりさせて話していて日本とは違うなと思います。私にとっては自分の意見をちゃんと言えて、いろんな人の意見を聞ける方が楽しいので、日本人も少しオープンになったらいな。
World Religionでは名前の通り世界の宗教を勉強します。今は世界の古代宗教を学んでいるのですが、先生が本当に詳しく、そして、どの宗教も否定することなく、すごくためになるし、いろいろな人が世界にいるんだな、ということを知れてとても楽しいです。ChemistryのクラスはICPより化学用語が多いので覚えるのが大変です。
来週にはISSMAといって学校の音楽の大会があります。締め切りが10月で、私が知ったのがつい最近だったので出ることができないのですが、みんなずいぶん前から準備を しているので観るのが楽しみです。今月はたくさん授業に関して書きましたが、今学期のスケジュールは自分で決めたこともあって本当に気に入っています。ホストママは毎日「宿題が大変そうだけど大丈夫?」と心配してくれますが、どのクラスも落としたくないし、楽しんでやっています。
C:\Users\Izumi pico\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.Word\966172_10203232911050382_1698150590_o.jpg 1月は週末にいつも予定をいれました。冬休みが長引いて暇になった反動かな。1月20日はMartin Luther King Jr. Dayで、その名の通り、キング牧師にちなんだ休日で、ホストファミリーにミシガンにスキーに連れて行ってもらいました。今年のインディアナは例年よりもかなり寒いそうですが、ミシガンはさらに寒かったです。1分も外にいたら、顔も鼻もすべてが凍ります。スキーは人生3回目でしたが、案外こけることなく、楽しかったです。ホストパパに中級者レベルのブルーゾーンに連れて行ってもらってみごとクリアしました。ホストブラザーは2人とも初めてでしたが、その日の終わりにはとても上達していて、すごかったです。ホストファミリーに感謝です。
その次の週末には、今学期から新しく来た中国からの留学生2人にこのあたりで遊びに連れて行ってほしいとお願いされたので、その2人の女の子とタイからの留学生の女の子と映画、ショッピングをしにいきました。アメリカでは映画ごとに値段が違って、新しいものは$12ですが、段々と下がっていって最終的には$2になります。そのため、同じ映画を何回も観たりすることも多いそうです。
今学校には、留学生が10人いて、女子が6人、男子が4人です。そのうち中国からの留学生は6人で、あとはメキシコ、タイ、ベトナム、それから日本です。みんなとてもオープンで自分の目標にむかって頑張っていて勉強になります。
先週は近く大学からシアターの学生がきてくれて、授業を開いてくれました。シアター に入っている子から誘われていったのですが、「考えないでとにかく動いて!」といろんな ことを即興で演じたり、表現したりして本当に楽しかったです。大学生はみんなとても親切で、「怖がらないで!」と一緒になってたくさんCrazyなことをしました。次の日の日曜 日にはWorld Religionの宿題のために、友達を誘ってエホバの証人の教会に行きました。キリスト教でない教会か、仏教寺院、モスクに行ってその宗教をレポートするのが課題として出されました。ホストパパのお姉さんがエホバの証人のメンバーでホストママとパパはどうにかして抜けるように説得しているのですが、いろいろ大変らしく、少しでもそのことについて知りたい、ということでこの課題をホストママに話した時に、「エホバの 証人でもいいの?」と聞かれました。アメリカはもちろん宗教の自由があるし、日本ももちろん同じなので私の意見はここでは詳しくは書きませんが、普段行きづらい教会に行って、ミサを経験できたのはすごくいい経験でした。
来週の週末には学校の留学生でAsian Food Partyを開きます。今、日本の食事が本当に恋しいので楽しみです。私は、食べ物はほとんど好き嫌いがなく、食べられればなんでもいいタイプなのですが、しばらく食べないでいると恋しくなるものなのですね。  インディアナでは私のせいかまだまだ凍えるような天気が続きますが、東京も2月は一番寒いですよね。また1ヶ月後にお元気で。

 

← Saraのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.