Saraのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Saraのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目

 

   日本を発ってから三ヶ月。段々、一日一日が過ぎるのが早く感じるようになってきました。特にこの一ヶ月はあっという間で、このレポートを書いていて、もう三か月もたってしまったのか、、、と少し寂しい気持ちがあります。
そして何より寂しいのは、サッカーシーズンが終わってしまったことです。私の学校は4学年で200人程度で、小さく、さらにスポーツをしている生徒も半分くらいであまり多くありません。Girls Soccerも同じで、今年は18人集まったけれど、去年は12人ぴったりで、かなり人不足に悩んでいます。なので私も最初からフォワードで試合にもたくさん出してもらえて、女の子たちもすごく優しくて、毎日練習は大変だったけれど、すごく楽しかったです。私も1ゴール決めて(何故か分からないけれど新聞にまで載っていました!驚)結局Sectionalは二試合目で強豪チームに敗れて敗退してしまったけれど、友達もできて、いろいろな人と知り合えて、本当にサッカーをやってよかったと思っています。つい先日、Girls Soccer のパーティーがあって、皆でふざけあったり、1人1人、賞をもらったりしました。私は、Best Goal of the year という賞をもらって、本当に嬉しかったです!!冬のシーズンはまだbowlingかswimmingにするかで悩んでいますが、どっちにしろまだもう少し先なので、それまではHost Brother(6歳の双子の男の子)と毎日遊ぼうと思います。
それから、19日にはKristie’s Gameというイベントがありました。これは、故Kristieさん(私の学校のスポーツを盛んにするために活動していたのですが、飲酒運転をしている車に衝突されて30代の若さで亡くなってしまいました。)を称えるために、生徒たちが、ボランティアで小さな子供たちのためにゲームのブースをそれぞれ開き、そして小さな子供たちは、チケットを買って遊び、そのお金をスポーツの資金にあてる、というものです。その日はあいにく、途中からFLAGのMeetingと重なっていたので、2時間しかできなかったけれど、楽しかったです。私の学校には9人、留学生がいるそうですが、それぞれが、来てくれた人の名前をそれぞれの国の文字で書く、ということをやりました。私もタイ語やベトナム語、中国語(9人のうち5人は中国人です!けれどいっつも皆で固まって中国語で話しているので、何言っているか全然分からない笑)を学べてよかったです。その後FLAGの留学生たちとPaintballに行きました。インディアナポリスにいる他のFLAGの留学生もたくさん来ていて、全部で70人くらいだったかな?数の多さにびっくりしました。それから、私の学校から車で北へ1時間くらいの所にある学校に行っている日本からの留学生に会いました。そんなにたくさんは話さなかったけれど、少し元気をもらったし、嬉しかったです。Paintball自体は痛いし、いまいち分からなくて途中でやめてしまったけれど、会えてよかったです。その後はMallに行って、近くに住んでいる一番仲が良い子と一緒にショッピングをしました。本当に優しいし、面白いし、大好きです!
それから、インディアナは日本人が多いのか、私の教会にはJapanese Serviceというのがあります。月に一回なのですが、その週に限って家族旅行に行っているので、もう私がここに来てから5回くらいあったのですが、まだ一回しか行っていません。(笑)Pastor(牧師)は日本に20年くらい住んでいたので、日本語が喋れますが、Serviceは日本語と英語の両方でするので、普通のServiceよりも長いです。その後、皆が作ってくれた純日本料理を食べます。もともと、食べられるものなら、私は何でも好きだし、いっぱい食べますが、月に一回、日本の手料理が食べられるのは純粋に嬉しいです。
それから10月といったらアメリカはHalloweenです。私の学校は、生徒たちは放課後、スポーツをするか家に帰るかで、遊びに行く人は本当に少ないので(たぶん宿題の量が半端ではないからかな?)10/31が金曜日、もしくは土曜日でない限りパーティーは無いそうです。ですが、木曜日(31日)はTrick or Treatをする予定です。最近では、知らない人からもらうお菓子は怖いということで、教会など知っている人だけでするTrank or Treatというのがあるそうです。お菓子を車のトランクに並べて子供たちが、車のトランクをまわるというものらしいです。まだ10月なのに、こっちは、朝晩は氷点下まで冷え込み、本当に寒いです。この前まで暑かったのに、、、とびっくりです。冬物も全く持って来てなかったので、日本の両親に送ってもらいました。といってもこっちの人は移動手段はほとんど車だし、建物の中は暖かいし、半袖でいる人もいてびっくりです。(笑)0℃だよ!と言ってあげたい!(笑)
それから3ヶ月いて思ったのは、こっちの人は皆スポーツ好きだな、ということです。今は、フットボールと野球のシーズンで、特にフットボールは毎週日曜日に試合があって、1日中TVでも放送しています。教会にも皆好きなチームのジャージを着て来ていて(ほとんどの人は地元のチーム)すごいです。私のホストパパもスポーツ大好きで、毎週日曜は皆でフットボール観戦です。ホストブラザーはいつも8時半には寝てしまうので、その後は、ホストママやホストパパといっぱい話をして充実しています。最近、listeningは早口のUS Historyの先生もかなり聴き取れるようになってきて、伸びているかもと感じていますが、Speakingは言いたいことが言えなかったり、言うのに時間がかかったりして悔しいです。でもやはり喋ることでしか上達しないと思うので、もう間違いを気にせず喋っていこうと思います。
1週間前まではホストファミリーがWisconsinに行ってしまっていたので(ホストブラザーは2週間Fall Breakがある)同じ学校のタイからの留学生の女の子の家に泊めてもらっていました。一緒にAsian Storeに行ったり、いっぱい話したり、相談しあったりして(ホストファミリーが恋しかったけれど)楽しかったです。その子のホストパパは辛い物が好きで、ベトナム料理などを作ってくれました。そして彼は、以前ベトナムからの留学生をホストしていたことがあったと話してくれました。その留学生の家はとても貧しかったけれど、その子はとても頭が良かったので、家族全員がその子のためにお金を稼いで、留学するお金を作ったそうです。その話を聞いて、私は、両親が、私が行きたいとお願いすれば行かせてくれて、日本でも不自由なく暮らせて、本当に幸せなのだなと改めて実感しました。留学したくてもお金がなくてできない人はいっぱいいるし、そう思うと、ここにいる1日1日を無駄にはできない、と改めて思いました。残り7ヶ月、段々減っていく日にちが寂しいですが、自分のできることは精一杯やりたいと思います!

 

← Saraのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.