Mizukiのアメリカ高校留学・体験談 5ヶ月目 |高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Mizukiのアメリカ高校留学・体験談 5ヶ月目

 

  私の住んでいるミシガンは毎日雪が降って凍えるように寒いですが日本の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。レポートの初めに1つ質問させてください。Snow dayというものをご存知ですか?『Snow day = 雪が降った日』です。と言いたいところですがそういうわけではないんです。答えは『Snow day = 雪がたくさん降ったために休校になる日』です。今週月曜日が私にとっての初めてSnow dayでした。日本ではみんなが警報で休校を願うようにアメリカではみんなSnow dayを願います。こんな感じで共通点を見つけると世界ってみんな同じ人間なんだなってつくづく感じます。

ところで皆さんお気付きでしょうか、私が隔月レポーターということに。ここ2、3か月立て続けにレポートを書いているので知っている方はいないかもしれません。というのも私の場合、親との連絡はだいたい1、 2か月に一回の何通かのメールだけ、日本にいる友達とも一切連絡なしという理由で自分の母国語で何があったか、今自分が何を感じているのかというのを語りたくてたまらないんです。そして、自分自身をこういった状況に追いやって気づいたことがあります。アメリカに来て英語を学びに来ているわけだけれども(もちろん文化も)母国語でしっかり自分と向き合うことも大切だなと。追いやってという言い方をしましたがそんなに、というか全然寂しくないし辛くもないです。

今月、隔月レポーターは隔月レポーターらしく大人しく1ヶ月お休みしてようと考えていたところに大きなニュースが私の元に飛び込んできました。ここずっと私がまだ留学最後までのホストファミリーが決まらないとレポートに何度も書いていたのを覚えていますか?本当に嬉しいことに、ついに私をホストしたいと言ってくれる家族が現れました!でもその家族と一緒に暮らすためには学校を変えなければならないということでNOと返事しました。だって、今行っている学校のことが大好きだから離れたくなかった。でも、もう一度自分の中で考え直しました。本当にこの決断は正しいのか。待ちに待った私をホストしたいと言ってくれている家族がいるのに、なんとなくそれを無下に断るのは後々後悔するだろうな。

私の一番仲が良い友達、去年留学生をホストしてて私のことをたくさん助けてくれる子が前にPermanent familyを探すためのアイディアを私にくれました。それはバスケットボールのホームゲームでホストファミリーを探していることについてアナウンスメントをすること。自分の中で、もしこれで私をホストしたいという家族が現れなかったら、学校が変わってでも今私をホストしたいと言ってくれている家族と新しい生活を始めることにしようと、そのアイデイアに賭けました。この決断は私の短い人生の中で3本の指に入るぐらい難しいものでした。でも、今のホストファミリーも『Mizukiが選んだものがベストだよ。』って言ってくれてついさっき新しいホストファミリーと新しい学校とそして新しくできる友達と全く新しいスタートをすることを決心しました。正直言って大好きな学校、友達、ホストファミリー、住んでいる町、毎週行く教会の人たち、ここで出会った人を離れるのは本当に寂しい。多分半数以上の人とはもう会うことは無くなるだろう。でも、決してここで過ごした5か月間は無駄にはなりません。今が学校で本当に楽しい時です。今日だって友達と爆笑したり噂話をしたりしました。

Mizukiのアメリカ高校留学・体験談 5ヶ月目チアではフロントウォークオーバーもバックウォークオーバーもできるようになりました。本当にConcord High Schoolが大好き。ここに残ることを選んでいたら勝ち組の留学生活が待っていただろうと断言できます。でも、この決断に二言はありません。今は不安というか全く新しい生活で何が待ってるんだろうという楽しみばかりです。
何となく留学生活最後のレポートみたいになってしまいましたが後6ヶ月も残っています。
さて新たな場所で何が待っているのだろうか。

← Mizukiのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.