Izumiのアメリカ高校留学・体験談 3ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Izumiのアメリカ高校留学・体験談 3ヶ月目

 

  今回で3回目のレポートです。10月はたくさんイベントがあって、忙しい日とそうでない 日の差が凄く激しい月でした。忙しい日はイライラしながら過ごし、そうでない日はママと「私達は怠け者だねー」なんていいながら過ごしていました。 ここからは、10月にあった出来事を紹介していこうと思います。

☆彡10月2日 Balloon Fiesta
Izumiのアメリカ高校留学・体験談 3ヶ月目10月1日〜10月9日までBalloon Fiesta という New Mexico州最大級の気球祭りが行われまし た。毎年約700個もの気球が空にあがります。Balloon Fiestaが始まる前に私のママの友達が 気球に乗せてあげると言って下さったので、ママの友達の気球にママと乗ることになりまし た。もちろん気球に乗るのは初めての経験で、乗る前からずっと興奮していました!! 気球は気候の影響で早朝か夜にしか飛ばないので、当日は朝3時に早起きして、身仕度をし て4時に家を出ました。6時くらいにBallon Fiesta の会場に着いて、ママの友達の気球が飛 ぶ7時まで外で待っていたので、凄く寒かったです。それから段々と朝日が登ってきて、そ の朝日と気球が合わさって凄く綺麗な景色を見ることが出来ました。そしていよいよ気球に 乗る瞬間がやって来ました。ずっと落ちるんじゃないかと心配していたのですが、バスケッ トが思ったよりも丈夫だったので、ママとママの友達と私が乗っても安定して飛びあがるこ とが出来ました。気球に乗っている間は、気球に向かって手を振っている人に手を振り返したり、シリアル工場の上を通った時は、ほんのりシリアルの香りがして、凄く穏やかな時間 を過ごしました。気球から降りたときは少し名残惜しかったです。ママとママの友達のお陰 でとても貴重な経験をすることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

☆彡10月30日 Lion King
Izumiのアメリカ高校留学・体験談 3ヶ月目10月4日〜10月30日までUNM(ニューメキシコ大学)でLion Kingのミュージカルが上映されま した。8月からCMで宣伝しているのを見て、ずっと見たいなと思っていたのですが、チ ケット代が高くて見るのは無理かなと諦めていました。ある日、ママから「あなたにサプライ ズがあるの」と言われて出てきたのが、Lion Kingのミュージカルのチケットでした。チ ケットが出てきた瞬間、驚いて、喜んで、興奮して、とにかく大変でした!ママいわく、 Lion King のCMを見てる私は子犬みたいだったそうです(笑笑)何より見たいといわなくても伝 わっていたことにびっくりしました。日々あまりはっきりと感じはしませんが、確実に本当 の家族のよう距離が縮まっているんだなとしみじみ感じました。当日、ママとママの友達と 私でミュージカルを見に行きました。見ている間ずっと鳥肌がたっていて、いつのまにか ミュージカルに夢中になっていました!!見れないと諦めていたのにママのおかげで見ること が出来て「ありがとう」を何百回、何千回いっても足りないくらいです。今度は私がママにお 返しが出来るよう頑張ります?

☆彡10月31日 Halloween
Izumiのアメリカ高校留学・体験談 3ヶ月目待ちに待った10月最大のイベント Halloween!! 私は浴衣を着て学校にいったのですが、 Halloweenは子どものための行事だと認識されているためか、学校内で仮装をしてる人が凄 く少なく、「ここは本当にアメリカなのか」と思ってしまうほどでした(笑笑)。生徒の3分の1 くらいの人数しか仮装をしていなかったので、自分が仮装していることが凄く恥ずかしかっ たです。浴衣を着ている私を見て、たくさんの人が「Geisyaだ?」「Kimonoだ?」(正しくは浴衣) と声をかけてくれました。何よりアメリカの生徒達が「芸者」や「着物」という言葉を知っ ていることに驚きました。これからも日本の文化をアメリカの人々にたくさん伝えていきた いです。夜はママの友達の家で Halloween partyをしました。たくさんの Trick or treaterが ママの友達の家にお菓子をもらいに来て、私もお菓子を配るのを手伝いました。みんな個性 豊かに仮装していて、やっと本場の Halloweenを体験したなぁと感じました。Halloweenが 終わり、次は Thanksgivingや Christmas などたくさんの行事があるので、またレポートで 伝えていこうと思います。

私のなかで10月を一言で表すとしたら、「慣れた」という言葉です。英語にもだいぶ慣れ て、会話に困ることは本当に少なくなり、自分から喋ることにも抵抗を感じなくなってきました。慣れるということは一見良いことに見えるかもしれません。ですが、実際は全然良いことではありませんでした。毎日が同じようなことの繰り返しに思えてきて、飽きたなぁと 感じることもたくさんありました。「この状況を変えなきゃ」と思うものの、なかなか行動 に移せず、イライラして、焦って、凄くしんどかったです。「このまま変わらなかったらど うしよう」そう思って、泣きそうになった日もありました。ある日、「アメリカに来た記念に」と一か八かで受けた “All -State”というNew Mexico最大の音楽祭の歌のオーディションに合 格したことを知り、それが自信に繋がって「今ならやれる気がする?」と思うようになり、 行動に移せるようになりました。一番の大きな進歩は Winter sports を始めたことです。友 達をもっと作って、もっと英語が喋れるようになりたい?そう思って Swimming team に所 属しました。チームの子達と距離を縮めるのは本当に難しいです。でも、私を見かけて” Izumi!!”と呼び掛けてくれたり、名前を覚えてもらったり、大丈夫?と声をかけてくれた り、ちょっとしたことかもしれませんが、そういう小さなことが凄く嬉しいと感じます。来 月のレポートを書くまでにもっとチームの子達と仲良くなれるように頑張っていきたいと思 います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


← Izumiのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.