Ayanaのオーストラリア高校留学・体験談 3ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Ayanaのオーストラリア高校留学・体験談 3ヶ月目

 

   留学生活も気がつけば3ヶ月が過ぎました。
正直言うと「やっと3ヶ月かあ」といった気持ちです。英語は日本にいる時よりは確実に伸びていると感じていますが、まだまだネイティヴのように会話はできません。今はとにかく1日でも早く普通に会話したいという気持ちでいっぱいです。最近思うのは、人に聞いたり注意されたりした単語や英語の使い回しは鮮明に覚えているということです。今まで、どこか間違っていてもとにかく話そうとしていたので、もちろん全然通じなかったり注意されたりすることもありましたが、その記憶は消えにくいので次は間違えないように注意できていたような気がします。あとはボキャブラリーを増やせるように頑張ります。

生活には大分慣れてきて、朝起きて「ここオーストラリアなんだ!」とも思わなくなりました。それから最近たまに英語と日本語が混ざった夢を見ます。夢の中でも自分は言いたいことが英語で言えずに葛藤していたりするのですが。

Ayanaのオーストラリア高校留学・体験談 3ヶ月目ホストブラザー、ホストシスター共に別々の家に住んでいるので、週末やホリデイを家で過ごすことはほとんどなく、この3か月で既に満足するほど色々な場所へ行きました。家はかなり田舎にあるので、週末は3?4時間ほどかけて色々な場所へ行きます。初めは「こんなに長時間かけて行くんだ」と驚きましたが、それが普通のようです。また、私は運転できませんが、学校には免許を持っている友達もおり、週末は自分で何時間も運転してcityへ行ったという話もよく耳にします。知らない場所へ訪れるたびに、色々な場所へ行けるというのは本当に貴重なことで、文化を吸収する意味を感じます。

Ayanaのオーストラリア高校留学・体験談 3ヶ月目この間のホリデイ中に訪れたCanberraにあるWar Memorial では、逆の立場から戦争を見つめ、知らなかったこともかなりありショックも受けましたが、戦争に対する見方は前よりも広がりました。
学校生活にも段々と慣れてきて、学校にいるときは自分が日本人だと忘れてしまう程になりました。cityの学校にはアジア人は多いようですが、私の学校にはアジア人はほとんどいません。しかし意外と日本語の授業をYear 7(中1)は全員受けているので、最近はよく日本語の授業に顔を出しています。私が今一番興味のある教科はVisual Arts です。先生が面白いということもありますが、生徒の作品はレベルが高いように思います。また、基本的にオーストラリアには無料の国立美術館のようなものがたくさんあり、ポスターやちょっとしたチラシなどもアーティスティックな気がします。(メルボルンは特に)来週はテスト週間なのですがArt のテスト勉強には一番苦戦していますが頑張ります。

気候は日に日に寒くなり、最近はコートが必要なほどになりました(盆地の中なのでとても寒く、冬には氷点下になるそうです)。3ヶ月位が一番ホームシックになりやすい時期と聞いていましたが、寒さのせいかなんとなくそのようなものは感じ始めています。風邪もひいてしまいました。また個人的に今週末には私が長い間お世話になっていた日本のバスケ部の引退試合があるので気になって仕方ありません。

今月は大きな節目になりそうですが、いつでも感謝を忘れずに、日々成長できるよう頑張って参ります。

← Ayanaのオーストラリア高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.