2017年05月07日号|「7」のつく日のBIEE通信|交換留学・団体・ホストファミリー

「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】


ゴールデンウィーク行事無事終了! ――報告(1)

  5月2日から5月7日まで東京ならびに神戸にてBIEE高校生交換留学プログラム関連行事を実施、無事終了しました。

☆彡留学先を「日本」に選んだ理由は?

「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】

   国立オリンピック記念青少年総合センターにて2017年夏アメリカ出発生オリエンテーションを実施しました。昨年に引き続き「誰のための何のための高校交換留学か?」をテーマにケーススタディ、いくつかのグループ・プロジェクト、個別面接等を行いました。朝8時30分から夜9時30分までぎっしり詰まったスケジュールの中で、参加者それぞれは様々な場面で「本当に自分は交換留学生になりたいのか?」と自身に問いかけ、出発までにやるべきことを再確認していきました。

「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】

高校生交換留学プログラムを実施する各団体のオリエンテーションは参加者全員の留学を成功に導くための大切な時間です。その内容も方法も毎回、前年の反省点を踏まえて変更し実施しています。BIEE2017年春オリエンテーションでは新たな試みの一つとして、Avoid “BOCCHI” Lunchというプログラムを入れてみました。


Avoid “BOCCHI” Lunch…

  留学生たちが留学先高校で初日にチャレンジすることの一つに、ランチを誰かと一緒に食べることができるかどうかということがあります。過去にはランチ時間に誰にも声をかけられず、また誘われなかったためにトイレの中で一人でランチを食べたという悲しいOGもいました…
そんな状況にならないよう、どうやって誰かに声をかけるかをオリエンテーション中に疑似体験できるAvoid “BOCCHI” Lunchというチャレンジ・ゲームをやってもらいました。全員に配ったカードの中で数字の入ったカードを受け取った子は数字ごとのグループを作り、何も書かれていないカードを取った子はすでにできているグループに自分からアプローチをしてグループに入れてもらうように声をかけるというゲームです。

「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】
「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】

「一緒にお昼食べてもらえますか?」「グループにいれてもらっていいですか?」「仲間に入れてくれますか?」…白紙のカードを受け取った子は必死でいくつかのグループにアプローチをし、「いいよ!」「一緒に食べよう!」という答えを受け取った後は本当にホッとした笑顔を見せていました。日本人に対し、しかも日本語で頼むこともこんなに大変なら、異文化で英語でアプローチすることはどんなにしんどいことなのかを少しでも実感してくれたことを願っています!

 
アメリカの団体からの代表来日…「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】   毎年春、BIEEアメリカ出発オリエンテーションにはアメリカの受入団体FLAG (Foreign Links Around the Globe)から代表団がオリエンテーションならびに保護者会に参加し、夏出発予定の留学生ならびに保護者全員に会って直接話をしていただいています。
今年はFLAG代表のMazi CUNHA氏、高校生交換留学プログラム運営責任者のMolly WIEBERさん、そして、15年前から事前英語研修で日本からの留学生をお世話してくださっているMary SLABACK先生の3名が代表として来日されました。
「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】
3名全員がオリエンテーション初日から最終日まですべてのセッションに参加し、英語レッスンに加え、オリエンテーション3日目では6時間かけて個別面接をしてくださいました。留学生として派遣される高校生にとっては、留学前に受入国の団体代表たちと直接会って話をすることで留学に対する決意を更に強いものにし、保護者にとっては、我が子が留学先国でどのような人たちにお世話されるのかを知ることができるという機会となります。「日本からの留学生は私たちが責任をもってお世話します」という毎年頂く情熱のこもった言葉のメッセージは、子供たちを預かりそして送り出す私たち団体にとってもとてもありがたく、FLAGをパートナー団体に選んでよかったと実感させてくれます。
「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】
「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】
「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】


Survived Angels(SA)…   今年もまた高校交換留学体験者たちがたくさん集まり、後輩たちの指導やアメリカ団体の方々の通訳などの任務を担ってくれました。その人数約30名。約1年前に帰国したフレッシュ高校生OBOG、大学1年生から4年生の大学生OBOGの他、医大の5年生や社会人OBOGも集まってくれました。参加者にとっては、大人たちからの話を聞くより、年齢も近く、実際に高校交換留学生として困難を乗り越え、成功した先輩たちからのアドバイスは重く、そして説得力のあるものだったようです。そして、私たち団体にとっては、会場で動き回る彼らの姿を見て「高校交換留学プログラムを続けてよかった」と思える時間でした。
「7」のつく日のBIEE通信【2017年05月07日号】
高校生交換留学プログラムを修了し、無事帰国したOBOG達をBIEEではSurvived Angels(困難を乗り越えた天使たち)と呼称し、様々なイベントに協力してくれた人たちにはT-シャツをプレゼントしています。新人Survived Angelsが増える中、今年は2回以上協力してくれたSAにはBIEE公式マスコットであるウサギ天使に草冠のついたデザインのT-シャツを、社会人SAには王冠のついたデザインのT-シャツをプレゼントしました。これからももっとたくさんのSAたちに草冠、王冠デザインのT-シャツを着てもらえたらなあと期待しています!SAの皆さん、本当に本当に本当にありがとうございました。 BIEEにとってSAの皆さんはプライスレスの宝物です!

掲載写真はBIEE-SAカメラマン山岡大地くんの撮影したものです。

←「7」のつく日のBIEE通信 一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.