Yushiのオーストラリア高校留学・体験談3ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Yushiのオーストラリア高校留学・体験談3ヶ月目

 

   日本を発ってから何日過ぎただろうか。こちらでは朝晩の風に秋の気配を感じるようになって来た。日本では桜の季節かな。今は秋休み。前学期にやり残したassesment task(テストよりこれで成績が決まる。レポートのようなもの)に頭を悩ましている。このassesment taskには本当に苦労する。(これは英語よりも僕の元来の性格が専らの原因だ。ぼくは完璧主義者だ。小さいころから妥協することを知らなかった。)だけど、理解ある先生たちのおかげもあって少しずつこなしてきた。帰るころには期日を延期することなしに、ほかの生徒よりもうんといい成績をとってみたい。

最近ずっと心に引っかかっていることがある。オーストラリアの生活にはすっかり慣れた。学校にも、街にも、家族にも。…慣れる、そしてだれる…ここに来た当初持っていた燃るようなモチベーションはどこに行ったのだろう。これが留学生としての生活なんだろうか。もっと友達と話したほうがいいんじゃないか。もっとやれることがあるんじゃないか。って。ただ、無理して理想の自分を目指すのは嫌だ。ナチュラルな自分でいたい。好きなようにありたいって思う気持ちのほうが僕を動かしている。何が正しいのか―考えてもわからないだろう。僕はただ、感じるがままやろうと思う。それがオーストラリアの雰囲気で、僕はそれが大好きなんだ。時間が経てば、何かが変わるだろう。

このところ家族を信頼するようになってきたと感じる。信用が、信頼になってきた。心の中の見えない殻、他者に対して無意識に持っている殻が、徐々に融けて開かれていく感じ。この家がとても心地のいい自分の家になっていく感じ。家族を愛し、愛されているという感じ。

まだいいたい事をすべて言えるわけじゃないし、ハグだって好きなようにできない。でも少しずつ変わっていくのがとても嬉しい。

ジブンがどこにいて、何をしていて、どこに向かっているのか、全く分からないけど、それでいい。分からないことが多いほうがうんと楽しんだ。

 

← Yushiのオーストラリア高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.