Yoichiroのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Yoichiroのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目

 

   お久しぶりです。僕は今、元気で、完璧ともいえる状態で、毎日わくわくしながら生活しています。今の生活を報告します。
アメリカに来てから3か月が経ちました。この3か月間で、僕は既に、アメリカについてさらに深く学び、そして、数えきれないくらいたくさんのことを経験しています。そして、自分は成長していると感じています。それは自分がこれまでにやったことのなかったことを含め、できることすべてに挑戦しているからだと思います。たくさんのチャレンジをしながら、とにかく楽しもうとか、成功させようとか全力を尽くしているんです。今思っていることは、アメリカで成功するために交換留学生に必要なのは、前向き、積極的、活発な姿勢やチャレンジ精神だと思います。アメリカで生活する中で問題がないはずはありません。僕もすでにたくさんの辛さや問題に直面しました。自分の国を離れて生活したり、英語で生活することはすごく大変なことです。留学がただただ楽しくて、興奮することばかりだと考えることは大きな間違いだと思います。でも辛いことや苦しいことが交換留学生には大切なことです。それらがあるから毎日成長できるんだと思います。高校生の間に留学することは一生の中ですごくいい経験になると思います。僕にとっても一生の宝物になるでしょう。
僕の今住んでいる場所について書きます。僕は今、ミシガン州のMt. Pleasant という所に住んでいます。最初、ミシガン州に住むと決まった時、この地域がそんなにいい所だとは思っていませんでした。ミシガン州に特に関心があったわけでなく、またこの州についてほとんど知識はありませんでした…しかし、これは僕の大きな間違いでした!実際に生活してみると、ミシガン州は自分にとってベストの州で、Mt. Pleasant は完璧な地域でした。理由はたくさんあります。まずすごく便利なこと。大きな病院やレストラン、ショッピングモール、銀行、ゴルフ場、野球場、大きい体育館、公園、大学、図書館、そして美しい街並みやたくさんの木があるんです。町にも近く、ド田舎ではありません。僕は本当にここに来て幸せです。果物も豊富でおいしいし、物価も安いです。気候も過ごしやすいですが、朝や夜はちょっと寒いです。夏は暑く日没が8時か9時、冬は寒く日没は5時位です。大きな家が多く、ほとんどの家は大きな庭があり、ほとんどの家に少なくても2台の車があります。ここに住めて本当に幸せです!
ホストファミリーを紹介しましょう。5人の兄弟、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、犬1匹と猫2匹が僕の家族です。お父さんは銀行員、お母さんは公認会計士、そして、おじいちゃんは元理科の教師でした。おばあちゃんは日本人です。おじいちゃん、おばあちゃんは別の町に住んでいて、4人の兄弟はすでに大学を卒業し、デトロイト、バージニアやニューヨークで暮らしています。そんな訳で、家には両親、中2の末っ子の弟そして、僕の4人が一緒に暮らしています。家は大きくて、5つの寝室、3つのバスルームがあり、僕も一人部屋を使っています。だから静かに勉強できます。家族は本当にやさしくて、本当によくしてもらってます。お母さんとお父さんが毎日料理をしてくれています。食事はアメリカ料理です。ハンバーガー、ホットドック、サンドイッチ、牛豚鶏などの焼いた肉などで、ほとんどと言っていいほど、どの料理にもチーズがのっています。サラダや果物も毎日食べています。両親が家にいるので、自分で作って食べることもありません。いつも誰かが一緒にいます。13歳の弟もすごくいい子で、一緒にスポーツをしたりします。頭がよく、よく宿題を手伝ってくれます。英語を教えてくれたり、アメリカの文化や家の周りのこと、ミシガンのことなんかもいろいろ教えてくれています。僕は両親や弟と毎日いろいろなことを話しています。そして、僕が困っている時はいつでも助けてくれています。本当に僕はこの家族が大好きです。もう今は僕にとっての「家族」、そして自分は家族に一員だと思えます。まあ、今のところ日常生活には全く問題がありません!本当に満足しきっているし、感謝の気持ちでいっぱいです。
学校について書きます。僕にとって学校は宝物です。学校に毎日行くことが楽しくて楽しくてたまりません。僕の通っているMt. Pleasant high schoolはすごく大きな学校です。とにかくワンダフルで、ビューティフルで、自分にとって完璧な学校です。学校には1200人以上の生徒がいて、27人の交換留学生がいます。いろいろな科目、たくさんの先生、3つの野球場、6面のテニスコート、フットボールフィールド、サッカーフィールド、大小の体育館、筋トレルーム、講堂、メディアセンター、カフェテリアなどなど、すごく設備も整っています。24種類以上の部活もあって、スポーツも盛んです。9年生から12年生(中3から高3)の生徒が通っていて、7:37 から2:41まで5時限の授業があり、3時には下校します。家から学校までは徒歩3〜5分の距離で、すごく近いです。実際、学校が家から見えるんです。学校では、すでにたくさんの友達ができ、いま新たに友達をつくっていて、そしてこれからももっと友達ができる予定です。学校の友達はとにかくいい人たちばかりで、フレンドリーです。自分から毎日誰かに話しかけています―「新しい人と出会うこと」「友達をつくること」そして「友達と一緒に何かすること」を心がけています。これって本当に自分の宝物が増えていっているみたいです。本当に僕はアメリカ人が大好きで、だから本当に楽しくて幸せです。
10月2日の夜に学校でホームカミングパーティがありました。すごく楽しかったです。最高の経験で思い出になりました。すごく楽しかった!ダンスパーティでは、本物のDJが来ていて、たくさんの友達も来ていました。みんなドレスアップして、食事に行って、そしてダンスパーティが始まりました。すごく熱かったです。学校のイベントにも積極的に参加していますよ。最近、毎週金曜にはフットボールゲームがあり、試合終了後の夜9時から11時にはパーティがあります。僕も友達とゲームを見て、パーティに行ってます。1回5ドルです。そこにもプロのDJが来ていて、踊りまくります。本当に熱いです!毎週金曜のパーティ、本当に楽しんでいますけれど、やっぱりホームカミングのパーティはその中でも最高でしたね。来年6月のプロムが自分にとってアメリカ最後のイベントになると思いますが、それまでたくさんの学校のイベントにも参加していこうと思います!

 

← Yoichiroのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.