Rinaのアメリカ高校留学・体験談7ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Rinaのアメリカ高校留学・体験談7ヶ月目

 

   今回からレポートをemailで書くことにしました。せっかくiPadをもらっているしこっちの方が書くのも楽で、すぐに届くので。

まず、前回いったように私のbirthdayについて。特に何かをしたわけじゃないんですが外食しに行こうってなって私の大好きなイタリアンレストランに行ったのですが、そこがすっごく混んでて…なので自分で色々選べるハンバーガーのお店に行きました。

そしてそのあと17歳のbrotherといとこの家に泊まりに行きました。その日に映画観てボードゲームしてWiiやって色々話して、次の日に朝からゲームして映画観て…ずっと遊んでました。birthdayだからよんでくれたみたいで嬉しかったです。

午後に帰ってきて昨日食べられなっかったケーキを食べてpresentをもらいました。ケーキはみたことないような大きさで、ミニーちゃんの絵とhappy birthday Rina って書かれたものでした。プレゼントはブレスレットと春に始める予定のランニングウェアをもらいました。私の好きな色だったし後々買おうと思っていたのですごく嬉しかったです。

でもその時、たった一人だけ楽しめなかった人がいました。それは1歳上のhost brother です。なぜならいとこの家から帰ってくるなり熱を出してしまいそのあと一週間も寝込んでしまいました。胃の病気みたいで病院に行ったのですがここ四ヶ月で10kgも痩せちゃったみたいでそれが原因らしいです。今は朝食を絶対食べることと高カロリーで自分が好きなものを毎日食べることを医者に言われて続けています。それをみて痩せるのは羨ましいけど辛そうな姿を見てたから重い病気になったら嫌だなって思いました、なのですが、ついに私にも大変なことが起こってしまいました。それは1月27日楽しみにしていたhomecomingの前日。いつものようにバスケのaway gameがあり相手の学校で準備をしてたのですが、急に全身の力が抜けるような疲れと頭痛が襲ってきました。その後休んでも全く治らず歩けなくなってしまったので、ERへhost mom が送ってくれました。検査の結果は偏頭痛とのこと。次の日には良くなってhomecomingにも行けたしアメリカの病院だったからこそ見つかったこともあったので一安心しました。

そしてこの前2月11日にhost brother のbirthdayがありました。その日は私のpiano contestの日でもありました。私は「エリーゼのために」を弾いたのですが、思ったよりも弾きにくいピアノで上手くいかないとこもありダメかなーと思っていました。でも結果はgold! 金メダルをもらいました。嬉しかったです。この日は外食をしてケーキを食べてプレゼントをあげてと忙しくも楽しい一日でした。

あとレポートで1歳上のhost brotherとの関係で悩んでたことは解消されました!毎日いっぱい話すし楽しく過ごしてます。一番下の子と私は今x boxにはまってて毎日遊んでます。週末になると3人で地下にこもってゲームで対戦したりして夜になるとカードゲームで遊んでってかんじです(笑)

あ、あと2月25日に一番下のbrotherのbirthday partyがありました。その子の友達をよんで遊んでたんですけど、一番上のbrotherがちょうど家に帰って来てたので私と一番上のbrotherとで4th gradeの子たちの相手してドッジボールしたりケーキ食べたりしました。こうして書いていると本当に仲いいように見えるんですけど、やっぱり男の子だからなのか本気でムカつく時もあります。特に一番下の子。みんなjokeが好きでふざけてばっかりいるんですけど、その子は度がすぎてるんですよね。お兄ちゃんたちにはやってもやられるだけだからって私にいろいろしてきて。たまにならいいけど、いっつも理不尽なこと言ってくるし、本気で怒りそうになります。一回だけ本気で怒って叫んで部屋に閉じこもったこともありました。笑 まあでも男兄弟だから仕方ないか、とか喧嘩できるのは本当の兄弟になれてるってことなのかなとも思って我慢してます。でもやっぱり見返すためにもっとゲーム上手くなってやろうと思います!あの人たちすごく上手いので…

勉強はそこまで大変じゃなくなったけど、美術がやること多くて大変。あとはreligionのクラスは10枚のarticleとか送られてきて明日までに読んできて、明日テストするから。とか言われて無理だろってなります。実際無理だし他の宿題もあんのに。日本語だとしてもきついですよね。しかも私一限目なんでその日に勉強することもできないのに、他の子たちは友達から何が出たか聞いて勉強する時間があってなんかフェアじゃないなーって思います。

今、学校のことを考えてもなんにも楽しさも感じられないし前のような幸せもない。いいようにいえば慣れたのかもしれないんですが、そんな簡単に言えるほど楽なもんじゃないって心の中がすっごいもやもやしてます。日本にいた時からテストと授業は大っ嫌いだったけどそれでも学校にいるのは好きだった。なのに今、毎朝学校についた瞬間嫌だなーって思うしストレスが溜まりまくって叫びたくなったりhost houseまで走って帰ろうかなとか考えちゃう。実際にはしないですけど。

学校にいけば会いたいって思う友達もいるけど、その子たちには私が来る前から他の友達がいたわけで、じゃあ私は一体何なんだって思います。最近はチアの雰囲気がコーチのせいであんまり良くなくって、ピアノも思うようにいかなくって。何なんだろ、留学生だから気に入られるように笑顔振りまこうっていうのは何か違う気がして。私はアメリカ人じゃないけど一人の人間だし、性格だって自分個人のものを持ってる。host momに前にRina は痛みを感じやすいって言われた。それは外面的にも内面的にもってことだけど、それって本当だなって思った。何か自分が言っていることよくわかんないけど、とにかく今はすごく沈んでます。毎日。毎日が休日でずーっとhost familyと過ごせたらいいのになあ。

 

← Rinaのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.