Rinのアメリカ高校留学・体験談 2年目 1ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Rinのアメリカ高校留学・体験談 2年目 1ヶ月目

 

   二年目のアメリカは、全部が去年と違ったように見えます。私の学校のIDカードには、SENIORって太字で書いてあります。それから、私は人生で初めて、テーブルの上に置いていた大学資料を見ています。新しいホストの家で、去年あった心細さっていうのは全く感じません。今年は去年の続き、そうじゃなくて新しい一年だと思います。自分が成長したって事なのかと、思いました。
  ホストの両親はとても親切で、私は彼らが大好きです。日本にいる時によく母と父から自分から何でも手伝えよっていわれてました。日本に居たとき、私は朝起きてから、もうたくさん家事がありました。掃除機、洗濯に犬の散歩。そして食器洗い。私の実の両親もここのホストの両親も、もうそんなにバリバリできる年ではないので、毎日いろいろ手伝ってます。感謝の気持ちは絶対に忘れてはいけないと両親から学びました。こちらのホストファミリーは、私に一人部屋と食事、それからたくさんの愛をくれています。私ができる事は、何だろうと考えたら、精一杯の手伝いと、笑顔です。こんなに簡単な事で、彼らが幸せって感じてくれるのは、すばらしい事だとおもいます。こっちにきて、私は日本から持ってきたカレーのルーでカレーと、それから稲荷寿司、お好み焼きをつくりました。みんなすごく喜んでくれました。私が一番大好きな時間は晩ご飯の時です。みんなで囲む、テーブルはいろんな話が持ち上がります。ある日、私たちは日本のクジラ業の話、アメリカの日本の考え方の話をしました。またある日は、日本の礼儀について。毎日毎日私たちはいろんな事を学んでいっています。
  学校の宿題がわからないとき、ママはいつも細かく、そばに座って教えてくれます。大学の事も何でも教えてくれます。昨日あったコーディネーターは、家庭内で困った事が起きて、言えないなら何でも言ってきてねと言っていました。私はこのママを去年から知っています。ママはいつも一生懸命、優しくて、それから私の事もよく知ってくれています。だから、私は何でもママになら話せます。今思う事、これから、たくさんの幸せをホストファミリーに届けるつもりです。

  あともうひとつ、今日学校で感動した事があります。アメリカ史の授業での事です。先生が鉄砲についてどんなルールがあれば適切か、生徒に題を出しました。すぐに生徒は二つのグループに分かれて激しい話し合いが始まりました。人が人に質問し、いろんな例をだして・・・私はただ驚きました。みんながみんな意見をどんどん出して、しまいには、先生が止めないと終わらないくらいでした。日本でこんな体験した事なくて、私はアメリカの生徒はすごいなと思いました。みんながみんな国の事について話して、それぞれの意見を持っていて、誰もそれを口に出すのを恐がりもしてないからです。そういえば、私は日本を離れる前、そういう人たちのようになるというのが私の留学する理由でもあったのを思い出しました。考えれば、今私はすごく成長したと思います。できる事はなんでもし、自分の思う事、したい事、ほとんど口に出す事ができます。この一年、次のステップを楽しんで、それとあきらめないでがんばっていこうと思いました。

 

← Rinのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る


高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.