Momoちゃんのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Momoちゃんのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目

 

   アメリカに来てもう3カ月も経って、だいぶアメリカにも慣れました。最初は合わなかった食事も今はなんとか食べてます。テキサスは自然が多く本当に良い地域で、ここに来れて良かったなって思ってます。私の学校は小さい学校で幼稚園から高校まで一緒のAvery High School (AHS) に通っています。学年など関係なくみんなが仲良しで、すごく良い学校です。私はJuniorだけどSiniorの友達が多いです!AHSは色んなイベントが多く2週間に1回は土曜に学校に行ってる気がします。平日も放課後、バレボールの試合があったりでみんなで見たりもしてます。 休みの日も、友達の家に泊まりに行ったり、ホストの家族などと色んなところに行ってます。友達のママも「いつでも何かあったら頼ってね」といってくれてすごく嬉しかったです。留学に来たというより普通にアメリカで過ごしてる感じです。勉強も難しいと思っていたHISTORYは簡単で、CHEMISTORYが難しいです。でも、最初の6週間の成績は全部PASSしました。ホストもすごく喜んでくれて嬉しかったです。学校の先生たちも凄く良い人達で、大好きです。
  ホストもすごく良い家族で、引っ越しもそろそろ終わります。いつも私たちのために色々してくれて、本当に感謝しています。ホストママが日本の母に嬉しいメールを送ったみたいですごく喜んでいました。10月はホストパパとママの結婚記念日だったのでみんなでお祝いしたり、私は手紙を書きました。手紙を全部英語で書くのは初めてだったので、何を書いたらいいのかわからなかったけど、正直日本語を書くよりは楽でした。ママと2人でパパとママの恋話をしたり、日本の高校について語ったりお爺ちゃんの誕生日を祝いに行ったりフリーマーケットに行ったり...本当に充実していました。今月はホストパパの誕生日が大きなイベントです!すごく楽しみだけど、パパの好みがわからなくて困ってます。来月はクリスマスもあってすごい楽しみです。毎月毎月色んなイベントがあって、時間もものすごく早く感じます。最初この家族の所へ来た時、日本に帰りたいと思ったのがウソみたいです。ホストママが日本にすごい興味をもってくれて、私の日本の卒業式に日本に来ると行っています。学校の友達も日本に来たいと言ってくれてアメリカに来て、日本のことを知らない人はすごく多いけど、少しでも多くの人にもっと日本を知ってもらいたいなと思いました。
  そして10月には、FLAGのハローウィーンパーティーがあり、お泊りしました。ブラジルとドイツの留学生が数人と私で、みんな英語がスラスラでホームシック(アメリカ)になり、喋れなくて落ち込んだりしたけど、翌日の朝から頑張って喋る努力をしました。すると、少しずつ会話ができるように変化しました。自分の意識次第だと感じました。もっと色んな人と会話したりして、もっと英語でたくさんのことを学べるように頑張ろうと、また前向きになりました。ここにきて何度か、自分の英語力で落ち込んでいるけど、落ち込んでも時間は過ぎていくものだから1分でも早く前向きに考えて、楽しく過ごすほうが得だと思うようになりました。そう思えるようになったのも、私の成長の1つだと思います。
  テキサスは他の州と規則が違ったりして、みんなとは違うことを学びました。日本とテキサスの私が住んでいるところはものすごく違います。ここは緑が多く、歩道がなく車での移動、夜にはたくさんの星が見れます。すごく熱い地域だと心配していたけど、来たばかりの8月は熱かったけど、今はものすごく寒いです。もうブーツをはく人も多く、雨の日も多いです。来る前から知ってはいたけど雨の日にみんな傘を使わないことに最初は慣れなくて、使っていたけど最近はそれがめんどくさくて、使っていません。アメリカに馴染み過ぎてるんじゃないかと思うこともあります。でもそれは私にとってすごく嬉しいことです。楽しく過ごしていても、友達が家族と仲良く話していたりするのを見ると時々日本の家族のことを考えます。でも帰りたいとは思いません。アメリカに来て本当に良かったと思います。
  確かに辛いこともたくさんあります。でもその時辛くてもすぐ忘れるようにしてます。
  家にドイツからの留学生がいます。その子とは上手くいく日と、そうでない日とありました。私たちの友達の家に泊まりに行く前日に、その子に、「みんなはあなたのこと好きじゃないから、本当は誘いたくなかったんだよ。あなたはみんなの友達じゃないよ。」と何度も言われました。最初は気にしていなかったものの、どうしても我慢できなくて、友達の前で泣いてしまいました。でもみんなに話しをしたらみんなが ”You are my best friend. I love you.” と言ってくれて、ホストシスターも謝ってくれました。辛かったけど今ではホストシスターとも仲良くやっています。ホストシスターの勝手さにも慣れて気にしないようになりました。
  アメリカに来て3カ月、英語で話すことは特に苦にならず楽しんでいます。時々わからいけど、分からないといったら、みんな説明してくれるし、自分のことは自分ですること、日本では周りの目ばかり気にしていたけど、自分がやりたいことをやりたいと言えるようにまりました。あと気づいたことは、落ち込んだ時、悩んだ時、ホームシックになった時、すぐにそれを自分で認めることも大切だと思いました。自分が落ち込んでることを認めないと、解決方法は見つからないからです。この3カ月は私の人生の中で本当に深くて意味のある時間になったなと思います。これからの残りのアメリカ生活、もっとたくさんのことを学んで自分の夢を叶えて日本に帰れるよう頑張ります!

 

← Momoちゃんのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.