Minamiのオーストラリア高校留学・体験談5ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Minamiのオーストラリア高校留学・体験談5ヶ月目

 

   もう5回目のレポートです。ちょうどこの留学が折り返し地点に近づいて来ていると言葉では理解できるけど、実感はできません。というか、留学って実感することにとても時間がかかります。こっち来たとき、自分がAustraliaにいるのが信じられなかったし、学校生活ももうすぐ4termあるうちの2term分が終わろうとしているし、私、Australiaにもう4ヶ月はいるんですよ!何だか変な気分です。私はこっちに来てから、毎日日記を書くようにしているんです。そのページがどんどん進んで厚みが増すのを見ているとなんとも言えない達成感があります。

 5月はeventがたーくさんありました。まず、私のbirthday!偶然その日が私の住んでいる町のお祭りみたいなのがあって学校休みでした。(学校のshow ground使うから)その日までの友達との会話はほとんどそのshowの乗り物のこと。どこにいても、乗り物は子供に大人気です!!そして当日。実を言うと前日からすっごく楽しみにしていたので、朝早くに目が覚めちゃいました。だけど、このおかげで、mumとdadが仕事に行く前に会うことができて、Happy seventeen’s birthdayって言ってプレゼントをくれました。
友達と早めに会って、shoppingをした後にshowに向かったら、いつも見ている学校のshow groundが見事に小さな遊園地に変身していました!そして、ほとんどyear10の友達が来ていて、沢山話したり、Happy birthday Minami!!と声かけてもらったりで、とっても楽しいBirthdayでした。今、このレポートを書いていても余韻にひいたれています。だけど、今回の誕生日で分かったのは、日本でどれだけ当たり前に誕生日を祝ってもらっていたんだろうと。ってことです。いつもすきな ケーキを選んで、歌を歌ってもらって、プレレンとを当然のようにもらって。。。まず、私の誕生日を忘れている家族っていませんでした。だけど、今年初めて一番身近にいる家族にbirthdayを忘れられていました。もちろん長年一緒には住んでないし、何かを待ち望んでいたわけでもなかったけれど、少しショックでした。でも、これが私がいっつも温暖の中で育ってた証拠なんですね。
その他には、cross country、友達の家に泊まりに行ったり、相変わらずのassignmentたちと、バレエを週に2回習い始めました!!日本でも習っていたので、Australiaとの違いを楽しんだりしています。うれしい事に、バレエ用語は世界共通なので、何の苦労をありません!

 Eventだけでなく、私は学校が前にも増して楽しみになっています。友達とどんどん仲良くなって冗談も言いあえるような感じです。面白いことに今になってまた、Japanese Boomが私のグループでおきています。最初の頃は、日本について聞かれたり、どう言ったりするの?と聞かれたりしていたんですけど、その後はそういうこともなくなってきました。だけど、電子辞書ってやっぱり、こっちの子に人気で1人がそれを使って日本語を言い出したら、他の子たちも言い出して。Minami !! How do you say this word? What’s this mean? とか聞かれて教えてあげています。1つ面白いのがsadは悲しい。でしょ??私の友達は最初、からし??って言ってきて、KARASHI means mustard!!って言ったらワハハハハハ!ってその子も私も大爆笑でした。

 そんなこんなんで、5月ももう終わってしまいます。早く時間が過ぎていって、焦る暇さえもありませんでした。6月はまた忙しい中に、楽しみな事が沢山詰まっているので、またあっと言う間に終わってしまう気がします。それでは、また次のレポートで。

 

← Minamiちゃんのオーストラリア高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.