Fumikaのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目|高校留学・体験談(日記)|交換留学・団体・ホストファミリー

Fumikaのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目

 

Fumikaのアメリカ高校留学・体験談3ヶ月目   Hello!!  How have you been??
もう3回目のレポートを書くなんて信じられません!本当に時間はどんどん過ぎていって、もう10月になり、アメリカではハロウィーンの飾りが増え、アーカンソーもものすごく寒くなりました!学校に行き始めてから1ヵ月半ほど経ち、すこしずつ慣れてきた気がします。

毎日欠かさず書いている日記を読みながらこの1ヶ月を振り返ってみましたが、恐ろしくたくさんのことがありました。私の周りのExchange Studentsで大きな変化があって、私は直接関係してないけれどやっぱり周りでいろいろと変わるのは混乱してしまいました。でもそのことがきっかけで、また少し強くなったかな、と思います!

最近の私の変わったことと言えば、今までExchange StudentsとAmerican Friendsと一緒にランチを食べていたけれど、やっぱりどうしてもExchange Student 同士で会話をする方がネイティブと会話するよりずっと楽で、「こんなんでいいのかな?」と思っていた自分がいてもやもやしていたので、アメリカ人の友達と食べ始めたことです。留学生としては当たり前の行動なのかもしれないけれど、学校が始まった当初は全てが精一杯でその当たり前ができてなかったです。これは反省しています。でもやっぱり会話はまだまだ大変で、何を話そうかとランチの前に毎日考えています(笑)。でも私が”What's that??”とか言うと必ず丁寧にちゃんと説明してくれるし、本当に親切です!!まだまだ学校のことで知らないことがあるので、質問したりしてなんとかもっと仲良くなれないかと必死です(笑)。

アメリカ人の友達を作るきっかけをくれたのはブラスバンドです。毎週金曜日にフットボールの試合があって、Halftime Showで演奏したり、スタンドから応援歌を演奏したりしています。これは本当に楽しいです!!!まさに”AMERICAN!!!”って感じで日本じゃ考えられないぐらい騒いで応援しています!あと、先週の土曜日と今週の土曜日にMarching Contestがあって、先週の土曜日のやつはAll Number 1(とにかく素晴らしいperformanceだった、ということです!)で最高でした!今週もあるので楽しもうと思います!

さて、最近はタイ人のルームメイトや他の留学生との距離感を考えることも多いです。他の国からの留学生とばかりいるのは自分がアメリカに来た意味と違う気がするし、そうかと言って彼らと一緒にいられるのもあとたった8ヶ月半ほどしかなくて、どんな行動が自分の気持ちにぴったりなのかいろいろと考えています。いろいろ悩みながら、でも楽しみながら、いつか答えを出したいです。

正直に言うと、私が思い描いていた「留学生活3ヶ月目」と「今の私」は全然違います。もっと英語は上達していると思っていたし、悩みももっと減っていると思っていました。でも3ヶ月で英語がペラペラになれるなんて到底思えないし、たった3ヶ月で別人のようになれるわけないと思います。だって、私は16年間も「日本」しか知らなくて、そこでの生活が当たり前だと思っていて、16年間経験してきたことは私の「軸」になっているんです。それが「3ヶ月」で覆せるとは思えません。でも、その「軸」があるから「違い」に気づいて「異文化」という環境を楽しめるし、もっとアメリカのこの土地、人々のことを知りたいと思い、また、日本という遠い国をアメリカに伝えたいと思うようになりました。そのためにはやっぱり「言葉」って大切で、もっとコミュニケーションをとったり、自分から積極的に関わっていかなきゃ人と人との環境は変わらないと思います。日本という「軸」がある上でこのExchange Programが存在するし、たくさんの人達の支えがあって今過ごしていることを忘れないようにしたいです。

少しずつ周りのいろいろなことが良くなってきてると信じて、4ヶ月目、笑顔を忘れずに1日1日楽しもうと思います!!!

 

← Fumikaのアメリカ高校・留学・体験談・一覧へ戻る

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.