ホストファミリー体験談|ホストファミリー募集(受入)|高校留学・交換留学・高校 留学 団体・ホストファミリーの文際交流協会

文際交流協会

「“また来たい” ─そんな思いが最高のやりがい」
(オーストラリア生/16歳女子)

文際交流協会   ニコッと笑顔で妻と一緒に改札を出てきた姿は、背丈も大きく一見大人だが、よく見ると子供の面影。そして少しシャイな感じの女の子。最初はほとんど自分から話をする気配もない。でも、娘と二人、富士の遊園地で一日中遊びまわってから、少しずつ気持ちが開いてきたようだ。キャッ、キャッとはしゃいでいる姿を見ると、今さらながら、子供は世界中同じだと思う。しかし、“お寿司は好き”と書いてあったにしては魚はまったくダメ。ご飯がOKなのが幸いで、毎食といっていいほど肉主体。これには妻もかなり悩んだ。豪州とは気候も違い、寒い冬で体力も心配。
文際交流協会 いろいろな日本食をすこしでもチャレンジするよう、話したりもしてみるが、反抗期もあるのか頑固な一面も。でも、さまざまな話をするうちに、彼女のことも少しずつ理解できるようになった。何はともあれ、焦らず気長に構えて、家族内の思惑の相違等もなんとかクリアー。ショッピングが大好きで、喜んでいるのを見ると、純真な心がこちらにまで伝わってくるよう。終わり頃にはすっかり打ち解けて、まさに子供が一人増えた感じ。日本が好きになって、また来たいと思って帰国してくれれば、これに優るやりがいはない。良い経験、思い出ができたものと、関係諸氏や当人、我が家族に感謝したいと思う。

「彼の国が急に身近に──いつか家族で訪ねたい」
(オーストラリア生/16歳男子)

文際交流協会   ロバートにとって、奈良盆地の冬はずいぶん寒く感じたことでしょう。お正月をはさむ時期で、彼も大掃除から新年のお祝い、初詣、おせち料理など、初めてのお正月を家族の一員として同じように迎えました。 和食が食べられるだろうかと心配しましたが、ご飯や鍋物が大好物となり、お箸も上手に使っていました。和室でふとんの上げ下ろしも毎日きちんとやっていました。日本の古いものが好きだという彼にとって、古都奈良はきっと興味深い場所だったことでしょう。
   遠い存在だったオーストラリアという国が、何とも身近で親しみのある国に変わった気がします。いつか、家族で訪ねてみたいと考えています。
アメリカ交換留学(派遣)

オーストラリア交換留学(派遣)

その他プログラム(派遣)

ホウトファミリー募集(受入)

高校 留学Q&A

高校留学・体験談はこちら「7」のつく日のBIEE通信はこちら 高校留学の資料請求はこちら

留学説明会のご案内はこちら
お知らせ/トピックス
Copyright(C) BIEE, 2014 All rights reserved.