2018年03月17日号|「7」のつく日のBIEE通信|交換留学・団体・ホストファミリー

特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)

TEL:03-5925-0346受付日時:平日/10:00〜18:00
トップページ

その他プログラムホストファミリー募集高校留学Q&ABIEE通信BIEEについて

「7」のつく日のBIEE通信【2018年03月17日号】


☆彡留学生にとって心揺れ動く時期…

   帰国まであと2か月余りのアメリカ高校交換留学生、そして、留学生活3ヶ月目を目前にしたオセアニア高校交換留学生には再び心が揺れ動く時期になっているようです。


   やっと居心地の良い場所が見つかり、留学先の生活が「日常」のものになりつつあるアメリカで頑張り続けている高校交換留学生にとっては「焦り」と「気の緩み

」の季節。「あと2ヶ月しかない、まだまだやり残していることがたくさんある…」という気持ちや、ホストファミリーとの関係に慣れすぎ、緊張感がなくなったことに起因する大小のトラブル報告が入っています。ホストファミリーとではなく、友達との時間をより大切にしてしまったり、自分のやりたいことを最優先させてしまったり、「やってもらって当然」という態度をとってしまったり、ホストファミリーへの気遣いを忘れてしまったり…でも考え方を変えればそれだけ「与えられた環境に適応した」ということですよね!とはいうものの、やはりお世話になったホストファミリーの方とはいい関係で共にプログラムのフィナーレを迎えてほしいです。今、私たちにできるアドバイスは何かを模索しながら現在ラブレターCの準備中です!


    留学生活2ヶ月を終えようとしている留学生にとっては今が一番辛い時期かもしれません。何かが見えてきていると感じるのに何も見えない、自分の言動は正しいのだろうかと自問自答を繰り返す時間。さらにホストファミリーも「どうやってこの留学生とコミュニケーションをとっていけばいいのだろうか?」「この子は本当に我が家にいて幸せなのだろうか?」と自信をなくし、お互いの心の不安が溝を深めていることも事実です。どうやってこの時期の困難と向き合い、解決策を見出していくかが留学生に与えられた課題です。ラブレター@をお送りしました。それぞれが前進するヒントになれば幸いです



☆彡「マジ」「ヤバイ」だけで事足りる若者…

   「最近、『マジ』と『ヤバイ』だけで日本の友達と会話がなりたっていること気づいたんですよ。これ、マジ、ヤバくないですか?」と、昨年夏に帰国したあるSAが少々深刻な顔をして意見を求めてきました。


    確かに日本の高校生や大学生たちの会話を聞いていると、「マジ」「ヤバイ」という単語がしばしば耳に飛び込んできます。日本において、同世代の人同士の会話では成り立っているこのコミュニケーションは、残念ながら留学先では通用しません。留学先国では、留学生たちは、相手にただ話をあわせたり、同調するだけでなく、自分の言葉で意見を述べることが求められます。


    高校交換留学プログラム応募者たちの面接で留学する動機を尋ねると「留学して、英語で自分の意見をきちんと言えるようになりたいんです」という答えが多く聞かれます。若者が他に振り回されることなく、きちんと自分の考えを述べたいという願望を持つことはとても大切なこと、その気持ちは丁寧に育てたいと思います。だからこそ彼らに与えるアドバイス、それは「まず、日本語で自分の意見を言えるようにしましょう」です。


    現在、今夏アメリカ・オランダに出発予定の高校生たちから、オリエンテーションで発表していただく日本語と英語のスピーチ原稿案を受け取っています。「マジ・ヤバイ」連発世代である彼らの日本語のスピーチ原稿のすばらしさに感動しています。文章に「マジ・ヤバイ」はまったくでてきません。それぞれの考え方もしっかり書かれています。日本の小学校、中学校の教育の賜物なのでしょう。この「書き言葉」が「話し言葉」に少しでも反映されていけば、「自分の意見をきちんと述べられる人」になれるのではないでしょうか。


    さらにどの世代にも理解できる日本語の語彙力を増やすことは必須です。(「草生えた」「草不可避」「アリよりのアリ」「ナシ寄りのアリ」そして「モンペ」という表現は大人にはわからないのです!)正しい日本語の語彙力を伸ばすために、新聞や「本」など、正しい文章をたくさん読むことが大切だと思います。母国語での表現力を伸ばすことは外国語でのコミュニケーション力向上にもつながるはず。質問に対して“Yes” “No”しか言えたいのは英語力が不足しているだけではなく、自分の考えや意見を述べるための表現力が不足しているのでは…と感じます。



☆彡アメリカ高校交換留学生からの
「留学生レポートU」を紹介します(そのC)

   留学レポートUの質問の中に、日本の家族へのメッセージを記入していただくスペースを設けています。家族を離れて一人で外国に飛び立ち、生まれ育った環境とは全く異なる場所での生活―それは高校生にとって孤独との戦いの時間です。家族のことを思い出しながらこのメッセージを書く時、留学生たちは素直にそして優しくなり、「感謝の気持ち」が心に込み上げてくるようです。ある留学生は自分の気持ちをストレートに表現していました。また、別の留学生はちょっぴり照れながら、でも家族を想う気持ちが充分伝わるものでした。そんなメッセージの一部を抜粋し、ご紹介します。

留学生から家族へのメッセージ

今、本当に留学できて良かったと思う。もし留学できていなかったらこのような経験をできていないと思うと恐ろしく思うくらいです。本当に留学させてくれて感謝しています。最後まで全力で頑張ります。

 

Hi! How are you doing? I’m doing pretty good. みんな元気ですか?私がいなくて静かな生活をエンジョイしてますか?今のうちにゆっくり穏やかな生活を楽しんでおいてくださいね。あと6ヵ月もしないあいだに100倍またうるさくなった私がきっと風のように帰ってくるからね〜私はAmericaのHigh schoolをとてもEnjoyしています。ありがとう。I miss you so much. I love you so much. God bless you.

 

元気にしてる?してるとは思うけど!お土産とかいつもありがとうございます。こちらは寒かったり半袖でも大丈夫だったり安定しない天気が続いているよ。日本ではいつもあんなに風邪ひいたり怪我したりしてたのに、この6ヵ月は無事だったことに驚いています。自分を褒めてあげたいです。毎日笑顔で生活しているよ。練習あったりして忙しいけど元気です!あと、ホストファミリーのみんなが言ってくれるようにこの家族にピタッとパズルみたいにはまりました。我が家のようにテレビが大好きで、おうちが大好きで、家族仲良しです。笑いのツボも良くあいます。学校は正直大嫌いだったけど、今ではなじみの友達も多くなって、オドオドせずにどんと構えていられるようになりました。もちろんまだ大変なこともたくさんあるけど、助けてくれる人たちがいるから大丈夫だよ。学校にはいろんな人がいて、勉強になります。あと、今までは励まされてばかりだったけど、最近励ます側に慣れたよ。少しずつだけど成長してます。じゃあまたね〜。これからも応援よろしく!Love you all!

 

元気ですか? 7月に日本を出発して、もう半年が過ぎ、留学生活ももう半分が終わってしまいました。時間が経つのは早いなと改めて感じています。学校も初めは不安で、授業で先生が言っていることもせっかくできた友達の言っていることもあまり理解できず、自分から話しかけることもできず、ホストファーザーやマザーと家にいても自分で話題を作れなくて、何か話さなきゃと思っていてもできなかった時間が3ヵ月くらいがありました。でもホストファミリー、友達、先生のおかげで、日本にいた頃に少し心配だったホームシックも全くなかったです。今は、陸上部に入ったので、朝練、1時間目、放課後と頑張っています。英語も前に比べて理解し、話せるようになり友達も増えました。留学に来ていろいろなことを経験する中で、日本を客観的にみられるようになり、自分の意見を相手に伝えられるようになりました。また、少しポジティブになったような気もしています。今、特に感じるのが、感謝の気持ちです。アメリカに来て基本自分のことは自分ですることで、私は日本にいた時、家族のみんなにずっと支えられて過ごしてきたんだと感じています。ありがとう。私は病気もせず元気です。残りの留学生活、悔いの無いように精一杯頑張ります。帰ったらみんなとしたいことが数えきれないくらいあるので、それも楽しみにしておきます。それまでは絶対元気でいて下さい!

 

留学させてくれてありがとうございます。あんま連絡してませんが、いつかするかもしれないです。感謝してます。犬へ…早く会いたいです。辛いことがあった時はいつも君のことを思って日々過ごさせてもらっています。早く君の走り回っている姿が見たいです。えさをしっかりもらっているか、水はしっかり綺麗なものをもらっているか心配です。いつでも連絡してください。みなさん、手紙は適当ですけど、感謝してます。結構話したいことあるんですが、この紙じゃ足りないので帰ってから話します。

 

お元気ですか。こちらに来て約6ヵ月が経ちますがいかに自分が日本にいた時、家で怠けていたか実感する毎日です。正直言って留学前に怒られた時はあまり反省をしていませんでしたが、こっちでいろんな事を体験する中で、いかに自分が親に甘えていたかを身に染みて実感しております。今、自分が留学をできていることを感謝し、将来何らかの形で恩返しをしなければなと思っています。文章を書くのが下手なので日本に帰って行動で示して行きたいと思います。

 

元気です。なんでか分からんけど、いろんなことに興味持った。料理とか、投資とか、筋トレとかスポーツに。日本帰ったら、ヒッチハイクで日本一周とかしたいし、とりあえず、温泉入りたい。それと寿司食べたい。

 

もうあっという間に私の留学生活も半分終わり、自分のまだまだ足りない英語力に毎日ため息が出てしまいます。でも、6月皆に会う時には、「よくがんばった!」って言ってもらえるように今踏ん張ります!

 

やっほー、うちはたくましく太っていって、顎の肉が苦しいです。うちが日本にいた時の自分…今想像すると恐ろしいくらいにヒドイ子で、何であんなに性格がひねくれていて面倒くさい子だったんだろうと自分自身謎に思います。でも今の自分は本当に成長したと思う。今まで、家族のみんなに対して感謝や尊敬の気持ちがなかった。ごめんね。今はもっとみんながうちのことを自慢できるような子になりたいって思っている。これからまた日本に戻って、一緒に過ごす日々が楽しみでしょうがない。日本の高校での自分も、もう一度見つめなおして、もっとリーダーシップ発揮して、家族も高校も。うちのことを誇りに思ってくれるような自分になる。ここまで変われたのはホストファミリーのおかげです。自分のホストファミリーのファミリーへの愛が本当にすばらしいから、家族の大切さに気付けました!日本に帰ってきたら、たくさんお話するからね〜。これからもよろしく〜!早く会いたいな〜(作って欲しい物→からあげ、グラタン、なべ、コロッケ、ハンバーグ、カレー、餃子の皮でハムとチーズを包むやつ、青椒肉絲、麻婆豆腐、シチュー、ミネストローネ)

 

元気ですか? まず、留学させてくれて本当にありがとう。正直、アメリカの文化学びたいとか言っておきながら、英語力が伸びることを一番に期待して、渡米したけど、こちらにきて、そんなことより、もっと大切なことを学んでいると思う。自分がどれだけ、色々な人に支えられているかとか、どれだけ恵まれているかを知りました。こちらには、本当にいろんな人がいるの。今の学校だけを見ても、ちゃんと勉強をする人もいれば、自分の好きなことしかやらない人もいる。でも、みんなちゃんと自分の意志を持っていて、行動に至るまでの理由とかはっきりしているんだよね。好き勝手することが良いことだとは思わないけど私も周りに流されずに、自分を貫きたいなぁと思う。渡米して、やっと留学した理由を知ったし、この留学は今のところ価値のあるものになってきている。だから、周りの反対を押し切ってまで留学をさせてくれたことを本当に感謝しています。ありがとう。残り半分を切って、そろそろだなぁと思って焦ることもあるけど、時間を大切にしながら、たくさん学んでいきます。心配しないで下さい。私は本当に大丈夫だし、元気だし、楽しんでいます。

 

ホストチェンジ、心配させちゃったかもしれないけど何の問題もなく本当に楽しく過ごしてるよ!一連の準備の中、いくつかのお家にお邪魔したのも良い経験。それらを通して「家族」ってすごいなぁってすごく感じたよ。柄にもないこと言うようだけど、家族のつながりって、やっぱり、言葉では表しきれない特別な物なんだなって実感しました。なかなか言葉にする機会がなかったけど、ママにも、パパにも、お兄ちゃんにも、本当に感謝しています。留学に来れたのも勿論みんなのお陰だけど、今こっちで元気に頑張れているのも、今まで出会った色んな人に「君は本当に良い人だね!」って言ってもらえたのも、どれをとっても全部みんなのお陰。ありがとう。半年経った今、すごく楽しんでいるから「早く帰りたい」とは思わないけど、やっぱり日本の生活が恋しいです。半年後にまた会いましょう!!

 

元気ですか?あたしはとても元気です。むしろ日本におった時より元気かも(笑)アメリカに留学してから早くも半分以上が過ぎて、あっという間だなって思うくらいでもう一度留学やり直したい気持ちでいっぱいです。帰ってきたらいっぱい話すことがあるから6月の中旬まで待っててな!

 

もう留学も半分以上すぎて、残り4カ月しかないって思ったらアメリカに来たんが昨日に感じるぐらい時間すぎるの早く感じるけど、楽しく元気に毎日過ごしてるよ〜ホストファミリーの家に来てから、太らへんように頑張って気を付けてるつもりやけど、けっきょく太った。(笑)ちょっと寂しくなったりした時は、みんなと撮った出発前の写真とかみよ〜って思って毎回見るたびに自分の顔の周りの肉が今と違うくてヤバイ〜〜〜ってなる(笑)帰国後みんなと会うのめっちゃ楽しみやけど、まだアメリカからも帰りたくない気持ちもあって複雑な気持ちやけど残りの4カ月も楽しくいっぱい学べるように頑張るね!帰ったらまた留学話いっぱいしたい!留学行かせてくれて、ほんまにありがとう!みんな大好き〜〜 Love you

 

Dear my parents
お元気ですか。僕は普通です。この留学で気づいたことは僕は何もかも親に頼っていたということです。でも、安心してください。もう僕は変わりました。もう今までみたいな事はしません。(I swear to god.)あと4ヶ月、楽しんでくるので心配しないで下さい。

 

I’m having an amazing experience. I want you to know that I owe all these opportunities to you. Always you are giving power to me. Here U.S.A. I’m growing as a person. I’m learning a lot of things including washing clothes, cleaning and picking up after myself. I met a lot of people all around the world and they became my close friends.


←「7」のつく日のBIEE通信 一覧へ戻る

お気軽にお問合せください。 資料請求・お問合せ 説明会のご案内 TEL:03-5925-0346
ページトップ
BIEE通信
特定非営利活動法人 文際交流協会 (BIEE)東京都新宿区高田馬場 4-10-12 牛込旧館ビル1階【MAP平日 / 10:00 〜 18:0003-5925-034603-3366-0346

お気軽にお問合せください。

Copyright© 2018. NPO BIEE All Rights Reserved.